日本企業「滅びないため」して欲しい3つの質問

コロナが最後の危機と思ったら大間違いだ

コロナ危機で転換を迫られている日本企業が、今自問すべき3つのこととは(写真:PIXTA)

ここ半年近く、世界は未曾有の混沌の中へと放り込まれた。個人の生活においても、ビジネス的視点からも私たちは問題に直面し、ニュースや状況が毎日のように変わる日々の中で、突如、世界でいったい何が起きているのか理解することが難しくなった。誰もが不安と混乱を感じてきた。

危機というのはそういうものだ。意思決定をするにも、ストレスの多い状況下で決断を下さなくてはならない。危機的状況下で下された決定のすべては、平時における決定よりも将来にずっと大きな影響を及ぼす。情報が多すぎることがかえって、いい解決策を見出し、成功に導く計画づくりを困難にしている。

危機を回避することはできない

一方で、経済メディアなどを読むと、そのどれもがほぼ例外なく、「危機はいかにチャンスとなりうるか」について書いている。個人的には、本当にそう言えるのか、いくらかの疑問が残る。

危機は誰しもの人生において訪れるものだが、それは必ずしも改善や向上のための好機とはならない。危機がトラウマに繋がったり、物事の終焉を招いたりすることもしばしばある。

私たちは皆、人生を通してさまざまな類の危機に遭遇する。その結果は決して前向きなものとは限らないし、今回の危機がもたらした究極的試練を前に、生き残ることのできないビジネスも多く存在するだろう。

しかし、1つ確かなことは、「危機を回避することはできない」ということだ。誰の人生においても、どの経営者や事業にも危機は訪れるし、それに対処するしか道はない。

次ページ今、企業に自問して欲しいことは
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT