英語ネイティブに擬音語「ワンワン」は通じるか

日本の「オノマトペ」でどこまでいける?

日本語の「オノマトペ」にあたる、擬音語と擬態語両方をあわせた総称はideophone (/ˈɪdɪəfoʊn/ イディアフォウン)またはmimetic words というのが正しいようです。

ただ、日本語でも英語でも言葉の定義が曖昧なところがあるようで、例えば「擬声語」という単語があるのですが、これは「オノマトペ」の意味で使われたり、「擬音語」の中の「動物や人が発する音を表すもの」の意味で使われたりするそう。英語では、人によってはideophoneを「擬態語」の意味で使うこともあれば、総称として使うこともあるようです。ややこしいですよね。

ゆかいな牧場

まずは擬音語についてお話していきましょう。皆さんは、童謡「ゆかいな牧場」を覚えていますか。「いちろうさんの牧場で、イーアイ、イーアイ、オー、おや鳴いてるのはアヒル、イーアイ、イーアイ、オー」という歌。筆者は小学校のときに歌った記憶があります。

この歌、もともとはアメリカ民謡で、Old MacDonald Had a Farm (マクドナルドじいさんの牧場)というタイトルなんです。日本には、「マクドナルドじいさん飼っている」という別訳のバージョンもあるようですが、そちらもおそらく同じような歌詞でしょう。今回は原曲の英語の歌詞を見てください。

「ゆかいな牧場」では、たしか子ブタとかアヒルとかが出てきた気がします。でも、何番まであったのかも覚えていませんし、当時は動物を入れ替えて歌ったりもしていたので、オリジナルの歌詞にどんな動物が登場しているのかも、いまとなっては……。

実は、英語のほうも、オリジナルの動物がなんだったか、あまり自信がありません。cow(ウシ)が登場していたのは覚えているので、cowで書いてみました。ネットでも調べてみたのですが、バリエーションがたくさんありすぎて、どれが本家本元の歌詞なのか判別できませんでした。

ともあれ、この歌、擬音語である動物の鳴き声を覚えるのには、すごく便利なので、皆さんぜひ歌ってみてください。メロディーは覚えていますよね。不安な方はYouTubeなどで検索してみるといいでしょう。タイトルを入れると、いろいろな動物のバージョンで聞くことができますよ。

次ページこんなに違う!動物の鳴き声いろいろ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT