「グーグル翻訳」が急激によくなっている理由

人工知能による予測能力が劇的に改善中

AIの「予測力」は、どこまで進化するのだろうか(写真:Erikona/iStock)
大手ネット企業が「予測力」の改善に力を入れている。かつては「まったく使えない」と揶揄されていた「グーグル翻訳」はどんどん精度を上げているほか、アマゾンは顧客の購入に基づいて、将来的には顧客が注文する前に「欲しがっていることが予測される」商品を配送するサービスを思案している。
AIによる予測精度はどこまで上がっていくのか。『予測マシンの世紀 AIが駆動する新たな経済』を著したトロント大学経営大学院教授のアジェイ・アグラワル、ジョシュア・ガンズ、アヴィ・ゴールドファーブの3氏が、AIによる「予測」の未来を論じる。

アマゾンの予測的中率は現在5%程度

企業の幹部から私たちが最も頻繁に受ける質問をひとつ挙げるなら、「AIはわれわれのビジネス戦略にどのような影響を与えるのだろうか」という質問だろう。それに答えるため、ここで思考実験を行ってみよう。

ほとんどの人たちは、アマゾンでの買い物に慣れている。そしてたいていのオンライン小売業者を相手にする場合と同じく、あなたはアマゾンのウェブサイトを訪れ、目指す商品を買い求め、カートに入れる。支払い手続きを済ますと、アマゾンから商品が送られてくる。現在、アマゾンはこの「ショッピング・ゼン・シッピング(商品購入後に発送する)」のビジネスモデルを採用している。

買い物のプロセスで、アマゾンのAIはあなたが購入したくなりそうなアイテムを予測して、オススメ商品として紹介する。AIはまずまずの仕事をしているが、完璧からは程遠い。私たち筆者のケースでは、購入したくなるものをAIが正確に予測する割合は全体のおよそ5%。決して悪くない数字だが、20回勧められて1回購入するだけにすぎない。

では、アマゾンのAIが私たちに関する情報をもっとたくさん集め、そのデータを使って予測を改善するところを想像してほしい。スピーカーのつまみを回して音量を上げるように、AIによる予測の精度を上げるところを思い描いてほしい。

次ページ「買い物から配送」が「配送から買い物」へ変わる
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。