英語ネイティブに擬音語「ワンワン」は通じるか

日本の「オノマトペ」でどこまでいける?

英語の歌詞を見てお気づきだと思いますが、英語ではウシはmoo(ムー)と鳴きます。これは日本語の「モー」とかなり類似しているほうでしょう。では、ほかの動物の鳴き声はどうでしょう。さすがに牧場にはカエルやフクロウは微妙ではありますが、興味深いので一緒に書いてしまいました。よかったら覚えておいてください(笑)。

日英で比較してみると、ネコのmeow(ミヤーウ)と「ニャー」も似ていますね。フクロウのhoot(フートゥ)と「ホー」もいい線いってます。逆にまったく異なるのが、ブタのoink(オインク)と「ブー」、ウマのneigh(ネーイ)と「ヒヒーン」。ヒツジのbaa(バー)と「メー」もぜんぜん違いますね。

同じ鳴き声を聞いても、まったく違う擬音語になってしまうこともあるんですね。でも、日英どちらも元の鳴き声をイメージしながら発音してみると、それらしく聞こえるところが面白いと思います。ぜひ、声に出して読んでみてください。

日本語の音の持つイメージ

オノマトペの話でよく耳にするのですが、「音象徴(sound symbolism)」というものがあるそうで、これは特定の音声が象徴的な意味を表すことのようです。日本語で言うと、母音や子音、また清音や濁音、半濁音などに、それぞれ想起される意味やイメージがあるらしいのです。

これらが複雑に絡み合ってオノマトペ全体のイメージを形成しているのかもしれませんね。自分で新しいオノマトペを作り出しても、聞き手にも通じるのはそのせいなのでしょうか。きっと、動物の鳴き声がオノマトペになったときにも、こういったイメージが影響したのでしょうね。

五十音の「い」段にある音には「すばやさ、鋭さ、音の高さ、細さ、線状、緊張」などのイメージがあるそうです。

次ページそれぞれが持つ象徴的な意味
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT