英語ネイティブに擬音語「ワンワン」は通じるか

日本の「オノマトペ」でどこまでいける?

日本のオノマトペ、英語ネイティブにどれだけ通じるでしょうか?(写真:Fast&Slow/PIXTA(ピクスタ)

先日、雨の中を出社してきた同僚のジョンが、濡れたリュックをふきながら、おもむろに「『びしょびしょ』と『びちゃびちゃ』はどう違いますか」と聞いてきました。朝っぱらから、なぞなぞか何かかと思ったら、真剣な日本語の質問だったよう。

この連載の一覧はこちら

感覚的に「びちゃびちゃ」のほうが、水しぶきがはねているイメージなのでより「水っぽい」感じがしますが、面倒くさくなって「同じじゃないの?」と言ったら、無言で冷たい視線を送ってきたので、しぶしぶ調べることに……。

日本語の擬音語・擬態語を調べながら、英語のそれについてもあれこれと考えてみました。日本語との類似点や相違点がなかなか興味深かったので、今回は擬音語・擬態語について取り上げてみます。さて、皆さんは英語でヒツジがなんと鳴くかご存じですか。

擬音語と擬態語

日本語には擬音語・擬態語がたくさんあると言われていますが、その数は約2000。でも、実は言語の中で最も多く擬音語・擬態語を有しているのは韓国語のようで、約8000語もあるそうです。

擬音語は「物音や動物の鳴き声などを模倣したもの」、擬態語は「実際には無音であるが、動作や状態などを象徴的に表したもの」を指します。例えば、「店がガヤガヤしている」「スズメがチュンチュン鳴いている」の「ガヤガヤ」や「チュンチュン」は擬音語の例です。

擬態語には、「床がぴかぴかだ」「うっとりしている」の「ぴかぴか」や「うっとり」などがあります。ただし、擬音語と擬態語ははっきりと区別できないものもあるようで、「雨がパラパラと降る」の「パラパラ」は雨音を表した擬音語とも、まばらな様子を表した擬態語ともとらえることができます。

日本語では擬音語と擬態語の両方をあわせて「オノマトペ」と呼びますが、これの英訳語onomatopoeia (/ˌɑnəmætəˈpiə/ アヌマトゥピーア)は通常、擬音語のみを指します。

次ページ曖昧な定義
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。