英語ネイティブに擬音語「ワンワン」は通じるか

日本の「オノマトペ」でどこまでいける?

日本のオノマトペ、英語ネイティブにどれだけ通じるでしょうか?(写真:Fast&Slow/PIXTA(ピクスタ)

先日、雨の中を出社してきた同僚のジョンが、濡れたリュックをふきながら、おもむろに「『びしょびしょ』と『びちゃびちゃ』はどう違いますか」と聞いてきました。朝っぱらから、なぞなぞか何かかと思ったら、真剣な日本語の質問だったよう。

この連載の一覧はこちら

感覚的に「びちゃびちゃ」のほうが、水しぶきがはねているイメージなのでより「水っぽい」感じがしますが、面倒くさくなって「同じじゃないの?」と言ったら、無言で冷たい視線を送ってきたので、しぶしぶ調べることに……。

日本語の擬音語・擬態語を調べながら、英語のそれについてもあれこれと考えてみました。日本語との類似点や相違点がなかなか興味深かったので、今回は擬音語・擬態語について取り上げてみます。さて、皆さんは英語でヒツジがなんと鳴くかご存じですか。

擬音語と擬態語

日本語には擬音語・擬態語がたくさんあると言われていますが、その数は約2000。でも、実は言語の中で最も多く擬音語・擬態語を有しているのは韓国語のようで、約8000語もあるそうです。

擬音語は「物音や動物の鳴き声などを模倣したもの」、擬態語は「実際には無音であるが、動作や状態などを象徴的に表したもの」を指します。例えば、「店がガヤガヤしている」「スズメがチュンチュン鳴いている」の「ガヤガヤ」や「チュンチュン」は擬音語の例です。

擬態語には、「床がぴかぴかだ」「うっとりしている」の「ぴかぴか」や「うっとり」などがあります。ただし、擬音語と擬態語ははっきりと区別できないものもあるようで、「雨がパラパラと降る」の「パラパラ」は雨音を表した擬音語とも、まばらな様子を表した擬態語ともとらえることができます。

日本語では擬音語と擬態語の両方をあわせて「オノマトペ」と呼びますが、これの英訳語onomatopoeia (/ˌɑnəmætəˈpiə/ アヌマトゥピーア)は通常、擬音語のみを指します。

次ページ曖昧な定義
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 今見るべきネット配信番組
  • 近所で有名な「気になる夫」の生態
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT