英語ネイティブに擬音語「ワンワン」は通じるか

日本の「オノマトペ」でどこまでいける?

「あ」段の音は「広さ、大きさ、荒さ、明るさ、動きの速さ」など、「お」段の音は「大きさ、動きの速さ、荒さ、音の鈍さ」などだそう。「う」段の音は「暗い心情、音の柔らかさ、飛び出す動き」などで、「え」段の音は「下品、野卑、否定的」なのだとか。「へらへら」とか「でれでれ」とか、確かに「え」段にはネガティブな感じのもの、ありますね。

清音(濁点や半濁点のつかない音)は「弱さ、小ささ、柔らかさ、もろさ、おだやかさ、細さ、量の少なさ」などのイメージがあり、濁音(「が」「じょ」「べ」などの濁点のつく音)はその逆で「強さ、硬さ、厚さ、荒さ、量の多さ、太さ」などがあるそうです。

半濁音(「ぱ」「ぴ」「ぷ」などの半濁点のつく音)には「弾み、愛らしさ、軽さ、鋭さ、弾力」などのイメージだということです。子音はたくさんあるので今回は割愛しますが、やはりそれぞれに象徴的な意味があるそうです。

英語の音の持つイメージ

英語でも、phonestheme (音表徴素)という「単語の中で一定の意味やイメージを想起させる音素の結合」なるものがあります。

phonesthemeは1930年にイギリスの言語学者John Rupert Firthが作り出した造語のようです。これらの例をいくつか見てみましょう。

もちろんこれらの音が入ったすべての単語に当てはまるわけではないのですが、確かにそれぞれのphonesthemeに共通の意味がある感じがしますね。ちなみに、これは接頭辞(例:sub- 「下」「下位」、pre- 「あらかじめ」「前部の」)や接尾辞(例:-less 「~のない」「~を欠く」、-er 「~する人」「~するもの」)などとは異なるそうです。

でも、これって学習者視点にしてみると、単語を覚えるときに便利なような混乱するような、複雑な気分ですね。おおまかな意味をつかむときには助けになりそうですが、実際に自分が単語を使うときにはどの単語だったのか迷ってしまいそう。

次ページ母音に当てはまるものも
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 住みよさランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
「ストレスに強い人」「弱い人」の決定的な違い
「ストレスに強い人」「弱い人」の決定的な違い
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT