ストレスで胃がキリキリ痛んだらどうする?

第4回 3つの方法で気分スッキリ、元気に

新年度が始まり、早1ヵ月。人事異動や転勤でやってきた新しい上司とウマが合わない、今年の新人はいちいちムカツクなどなど人間関係の悩みがそろそろ出てきたころではないでしょうか。
 「朝から憂鬱」「会社、辞めようかな」・・・今の職場に100%満足はいかないものの、我慢して仕事を続けている、そういう方も多いはず。

ストレスは「脾」に溜まる

陰陽五行では、悩み、思い患い、不安、心配は、「脾(ひ)」に直接ダメージを与えるといわれています。東洋医学でいう「脾」とは、脾臓のことではなく、消化器系全般を指します。心配事があると胃がキリキリする、大切な会議の前に限って腹痛になるというのは「脾」にきているからです。

 だからといって、胃薬や下痢止めを飲んでも、一時的な対処にはなりますが、根本的な解決策にはなりません。そこで、私が提案するのが、マッサージと食の両方でストレスを吹き飛ばすセルフチネイザン! その方法をお教えしましょう。

次ページ超簡単、この3つで
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。