10年前の身体に戻る方法、これだけ!

最終回 若返りの最強食品「小豆」をとろう

ようやく秋めいた季節になってきました。長く厳しい暑さを耐えたものの、最近妙に疲れやすい、階段の上り下りもおっくう、徹夜する元気がなくなった。その上、肌の荒れや抜け毛まで気になる……いままで元気だったのに、「身体の急な衰え」を感じている人も多いかもしれません。私たちの体に何が起こったのでしょうか?

 久しぶりに行った同窓会、同い年とは思えないほど元気な人がいる中で、「この人は先生だったっけ?」と思うほど老け込んでしまった人もいますね。その違いはどこから生まれているのでしょうか?

 人は、等しく年を取るわけではありません。同じ年でも見た目が違うのは、「内臓の衰え」が、年齢を決めているからなのです。東洋医学では、内臓の中でも、特に「腎(じん)」が体内の年齢を決めると言われています。腎が生命エネルギーを司ると考えられているわけです。

 東洋医学の古典、『黄帝内経素問(こうていだいけいそもん)』には、女性は7の倍数(14歳、21歳、28歳、37歳・・・)、男性は8の倍数(16歳、24歳、32歳、40歳・・・)の年齢に節目を迎え、体は変化していくと記されています。

次ページ腎を酷使してしまう原因とは
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 財新
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。