10年前の身体に戻る方法、これだけ!

最終回 若返りの最強食品「小豆」をとろう

生命力にかかわる大切な「腎」を酷使し続けた結果、どんどん老化は加速していきます。老化はつまり、腎のエネルギー不足が引き起こしていると考えられています。

腎を酷使してしまう原因とは

腎を酷使し、老化を早める原因は次の4つが考えられます。

①  寝不足
②  冷え
③  不規則な食生活
④  恐怖

 古代道教に伝わるチネイザンという内臓マッサージでは、感情は内臓に溜まり、その蓄積された感情が臓器を傷めると考えられています。腎を弱らせる感情は「恐怖」に当たります。現代社会で感じる恐怖とは、生死に関わる恐怖というよりもむしろ、今の自分に対する不安や悩み、また将来への漠然とした不安、または人間関係や仕事によるストレスなどと言えるでしょう。

 内臓と感情が密接な関係にある例としてあげられるのは、人は想像を絶する恐怖体験をすると、失禁してしまうことがありますね。これは、恐怖という感情が直接臓器に影響を与えている分かりやすい現象です。

次ページ腎の温めマッサージの方法
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ひとりの贅沢空間~週末に聴きたい名盤
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。