ヤケ酒ヤケ食いも、3分でなかったことに?

第7回 ストレスで暴飲暴食した時のケア

会社で嫌なことがあった。人間関係が上手くいかない……。その上この暑さ。イライラが増してきます。そういう時はこってりした料理をガッツリ食べて、お酒をがぶがぶ飲んで、ストレス解消だ! そんな方も多いと思います。しかし翌朝、胃もたれ、頭痛に襲われ、やらなきゃ良かったと大反省……。

 ストレスからくる暴飲暴食には、原因があります。その原因が分かればきちんとした対処法も取れます。再び暴飲暴食に走ってしまっても、その場、その場でリセットできるのです。今回は、暴飲暴食による「生産性低下」からすばやく立ち直る内臓のセルフケアについてお話ししましょう!

原因はエネルギー漏れ

東洋医学では、胃は脾の経絡に属し、脾は五行の中心である土の要素を持っています。中心であり、土ということは、エネルギーを生み出す場所であるということ。胃がしっかりしている時は食べたものもきちんとしたエネルギーとなり、精神活動、肉体の活動を支えてくれます。

 しかし、精神的にショックなことやストレスがあると、脾の経絡にダメージがかかりすぎ、胃にぽっかり穴が開いたような「気虚」という状態になります。つまり、エネルギー漏れしている状態。これでは、何をどれだけ食べても、精神活動、そして肉体の活動を支えてくれるエネルギーにはなってくれませんね。そのためエネルギーをつくり出そうと、たくさん食べたくさん飲んでしまうのです。

次ページ食べ過ぎ、飲み過ぎの時は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。