ヤケ酒ヤケ食いも、3分でなかったことに?

第7回 ストレスで暴飲暴食した時のケア

会社で嫌なことがあった。人間関係が上手くいかない……。その上この暑さ。イライラが増してきます。そういう時はこってりした料理をガッツリ食べて、お酒をがぶがぶ飲んで、ストレス解消だ! そんな方も多いと思います。しかし翌朝、胃もたれ、頭痛に襲われ、やらなきゃ良かったと大反省……。

 ストレスからくる暴飲暴食には、原因があります。その原因が分かればきちんとした対処法も取れます。再び暴飲暴食に走ってしまっても、その場、その場でリセットできるのです。今回は、暴飲暴食による「生産性低下」からすばやく立ち直る内臓のセルフケアについてお話ししましょう!

原因はエネルギー漏れ

東洋医学では、胃は脾の経絡に属し、脾は五行の中心である土の要素を持っています。中心であり、土ということは、エネルギーを生み出す場所であるということ。胃がしっかりしている時は食べたものもきちんとしたエネルギーとなり、精神活動、肉体の活動を支えてくれます。

 しかし、精神的にショックなことやストレスがあると、脾の経絡にダメージがかかりすぎ、胃にぽっかり穴が開いたような「気虚」という状態になります。つまり、エネルギー漏れしている状態。これでは、何をどれだけ食べても、精神活動、そして肉体の活動を支えてくれるエネルギーにはなってくれませんね。そのためエネルギーをつくり出そうと、たくさん食べたくさん飲んでしまうのです。

次ページ食べ過ぎ、飲み過ぎの時は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。