「極ZERO」参上、沸き立つ発泡酒市場

サッポロの再発売にライバル勢が一斉に追撃

7月15日に行われた「極ZERO」の発売イベント。発泡酒として再スタートを切った

「世界初、2つのゼロは?」

「『極ZERO』だけ!!」

7月15日、サッポロビールの「極ZERO」の再発売決起イベントで、特別営業部長に任命されたお笑い芸人の三村マサカズさんのかけ声に、サッポロビール社員が元気よく答える姿があった。だが、「2つのゼロ(糖質ゼロ、プリン体ゼロ)は『極ZERO』だけ」という売り文句は、発売から2カ月を待たずに使えなくなりそうだ。

「極ZERO」の発売日に発表されたサントリーの「おいしいZERO」。プリン体ゼロ、糖質ゼロと、アピールポイントが同じ。

サッポロが「極ZERO」を再発売した15日、サントリーは「おいしいZERO」を9月2日に発売することを発表した。この商品も、糖質ゼロ、プリン体ゼロが「売り」だ。キリンビールも9月に糖質ゼロ、プリン体ゼロの発泡酒を発売する予定で、商品は7月25日に発表する。アサヒビールは「プリン体に配慮した商品の年内発売を検討中」(広報部)。結果、「極ZERO」の切り札である「2つのゼロ」は、たちまち”ありふれた”キャッチフレーズになる。

 発売早々、ライバルからマークされてしまったのは、この商品が「新発売」ではなく「再発売」だからだろう。当初、「極ZERO」は第3のビールとして昨年6月に発売された。プリン体ゼロや糖質ゼロと健康に配慮した点や価格の安さも受けて、7カ月で358万ケース(大瓶換算)を売り上げたヒット商品だ。サッポロの主力品である第3のビール「麦とホップ」は昨年の年間売上げが1342万ケースで、それと比べても発売初年度は上々の立ち上がりといえる。

次ページなぜ第3のビールを発泡酒に?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。