ヤケ酒ヤケ食いも、3分でなかったことに?

第7回 ストレスで暴飲暴食した時のケア

暴飲暴食してしまった時のお助け食材

胃も肝臓もお疲れの時は、消化を助けてくれる大根、特に大根おろしがおすすめです。大根おろしには昔からさまざまな薬効があって、「病気知らず医者要らず」と言われていました。

 大根には、ジアスターゼという、でんぷんの分解を促進する消化酵素が含まれています。胃腸の働きを助け消化不良を解消したり、胃酸をコントロールして胃もたれや胸やけを防止する働きがあります。実際、ジアスターゼは消化不良改善の胃腸薬にも配合されています。大根のほか、やまいもなどにも多く含まれています。

 ただし、ジアスターゼなどの酵素は加熱に弱いので、大根おろしや、やまかけのように生で食べる方法が一番効果的。また、酵素は酸化されやすく、空気に触れると減ってしまうため、おろすタイミングは食べる直前が理想的です。

 食べ過ぎで胃腸の調子が悪い時や、二日酔いの時、目覚めたばかりで食欲のない朝などには、メニューに大根おろしを加えたり、やまいもをすりおろしてご飯にかけて食べることをおすすめします。

 また、飲み過ぎてしまった時は、何といっても柑橘類、そしてお味噌汁がおすすめ! 東洋医学でも、肝の疲れをとるのは「青」と言われ、海藻や緑黄色野菜を積極的に取るように心がけてみましょう。

 飲み過ぎた日の翌朝は、海藻、小松菜などの青野菜を入れたお味噌汁と、大根おろしのセットでスタート! 職場ではグレープフルーツジュースを飲みながら。午後にはきっと、胃の辺りが楽になっていることでしょう。

寝ることが一番の内臓ケア

暴飲暴食してすぐに横になることはおすすめできませんが、しばらく経ってからゆっくり横になって、睡眠を取るのが一番です。なぜなら肝臓は寝ている間に修復されると言われていますし、寝ている間は、内臓も休息をとることができます。またストレスのせいで頭の中もパンパンなはず。脳も電源をオフして、頭をクールダウンしてみてはいかがでしょうか。暑さがまだまだ続く中、胃も肝臓もケアしながら元気に過ごしましょう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT