第3回 つらい二日酔いを吹き飛ばす法

22分でつらい状態から解放される

お花見の季節になりました。この時期は新入社員の歓迎会や部署異動・転勤の歓送迎会などお花見を兼ねてお酒を飲む機会が多いはず。ついつい飲みすぎてしまってはいませんか?

後悔すれど

社会人になったら一度は経験するつらいつらい二日酔い。新年度始まりの大切な時期に、会社を休むわけにはいかない。割れるような頭を抱えて出社するも使い物にならない1日。

 私も同じ経験があります。飲み過ぎたことを後悔しても後の祭り。これを何とか出来ないか。二日酔いの原因を探るとともに、ある画期的な方法を見つけたのです!

 二日酔いの原因は諸説ありますが、体内バランスの乱れと体内に残ったアデノシンにあり、脱水症状に近いとも言われています。二日酔い対策を検索するといろいろな方法が出てきますが、どれも即効性のあるものではありませんでした。

 そこで私は頭全体、そしてこめかみ、特に耳の後ろを力強く揉み込むようにマッサージをし、その後、肝臓のマッサージ、そして脚のマッサージなど体内に残ってしまったアデノシンを自分の力で、体外に排出する方法を試みてみました。

 すると、どうでしょう! それまで地獄のように痛かった頭も、吐き気も、嘘のように消えてしまったのです! 早速、お酒が大好きな私の生徒たちにも伝えたところ、あのつらい二日酔いが治った、これはすごい!と話題になりました。

 ではチネイザン的二日酔い対策をご紹介しましょう

次ページこれが二日酔い撃退マッサージ法
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。