第2回 ビールにコーヒーにチョコレート、止められない理由は?

前回からご紹介している「氣内臓療法」(チネイザン)。タイはチェンマイ生まれの気功療法ですが、もともとは古代道教(タオ)思想、そして陰陽五行に基づいています。

日本でも、古来から「心身一如」にあるように、こころとからだはひとつと考えられてきました。心=感情、そして身=内臓はつながっているのです。
 心が病むと身体までおかしくなる。そんな経験をお持ちではないでしょうか?

飲み会、残業の末に・・・

4月は新入社員が入ってきたり、異動があって新しい部署になったりと、仕事に対する変化も多く非常に忙しい時期になります。そしてお花見や新入社員歓迎会など、飲み会も多くなる時期。
 ついついビールを飲みすぎて、二日酔い。そして残業も増えてコーヒーを飲みすぎたり、デスクに忍ばせたチョコを食べ過ぎたりしていませんか?

 忙しくて、時間に追われた生活をしていると「心(しん)」が疲れます。ダッシュで階段を駆け昇ったとき、ものすごい動悸、息切れがしますよね。心の疲労によって、身体的にはこの状態がずっと続いているのと同じ負担を強いられます。

陰陽五行では、五味というものがあります。五臓を補気する味わいがあると考えられているのです。

「心」を癒す味は「苦み」。コーヒーにビール、チョコに共通するのは苦みですよね。なので忙しい時ほど、これらを過食してしまうのです。
 ついつい苦いものに手が出る生活をしてしまったら、心がお疲れのサイン。仕事のスケジュールの見直しをしてみてはいかがでしょうか。

次ページみぞおちをマッサージ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT