10年前の身体に戻る方法、これだけ!

最終回 若返りの最強食品「小豆」をとろう

また、腎は、肝腎かなめ、というように、肝(かん)と密接な関係があります。腎の弱りは肝にも影響を与えます。腎が弱ったなというサインは、目の下のクマ、腰痛、白髪に見て取れます。体力がなくなったと感じる方は腎の弱りによる肝の疲れと言うこともできるでしょう。

腎の温めマッサージの方法

それでは、どうしたらよいのでしょうか。じつは、たったこれだけなのです!

①  腎の温めマッサージをする
②  お風呂に浸かる
③  よく寝る
④  小豆、黒豆などの黒色食品を取る

まず①の腎の温めマッサージについて説明しましょう。真っ直ぐに立つ、または座り、手のひらをぶらんと降ろした肘の高さの背面にあるのが腎。その場所を手のひらで円を描くように、優しくこする。その後、手のひらでカップを作り、ポンポンと軽く叩く。

次ページ小豆が効く
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。