スマホを長時間使用すると「老け顔」に!

原因は『目疲れ』による血行不良、その解消法とは?

「ちょっと体調が悪くて……」「なんか最近体が……」こんな悩みを抱えているビジネスマンは多いはずだ。だが忙しい企業戦士のみなさんのこと、気軽に休暇を取得して病院で1日じっくり検査、というわけにはいかないだろう。大抵、「寝れば治る」で、放っておいてしまう人が多い。
だが、ちょっと待ってほしい。その病気になる直前の“病気もどき”こそ体のSOS信号なのだ。この連載では看過することのできない”病気もどき”について、医療ジャーナリストの安達純子氏が解説する。
 スマホやパソコンで目を酷使すると、「老け顔」になりやすいってホント?

目を酷使すると、なぜ「老け顔」になりやすいのか

読書の秋といわれるが、スマートフォンやパソコンなどの情報端末を四六時中見ることで、目はお疲れ状態。ふと鏡を見ると、「あれ?」と思うほど、老け顔になっていることがある。目がショボショボとしているだけでなく、目尻のシワやクマに加え、ほほまでたるむ。こんな状態が、目を酷使しているだけで起こりやすいという。

米国医学博士で、「目を温めれば視力はよくなる!」(アスコム)の著者、ビジョン・フィットネスセンター(東京都港区)の中川和宏所長が説明する。

「スマホやパソコンを長時間使用していると、老け顔になりやすい。その理由のひとつは、姿勢に関係しています。情報端末を見るときに、頭を下方面に向ける前傾姿勢を取りやすいでしょう。すると、首の両側の『胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)』という筋肉が、緩むのです。頭を支える筋肉が緩むことで、頬はたるみ、目の筋肉も下がってきます。それが老け顔に結びつくのです。また、『片眼視(かたがんし)』も、顔を歪めて老け顔になりやすい」

次ページ片眼視とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。