無意識の「歯ぎしり」や「食いしばり」に注意

夏バテならぬ、「アゴバテ」に悩む人が増加中

「ちょっと体調が悪くて…」「なんか最近体が…:」こんな悩みを抱えているビジネスマンは多いはずだ。だが忙しい企業戦士のみなさんのこと、気軽に休暇を取得して病院で1日じっくり検査、というわけにはいかないだろう。大抵、「寝れば治る」で、放っておいてしまう人が多い。
だが、ちょっと待ってほしい。その病気になる直前の“病気もどき”こそ体のSOS信号なのだ。この連載では看過することのできない”病気もどき”について、医療ジャーナリストの安達純子氏が解説する。
だるくなったら・・(アフロ)

あごが重いと感じたら?

連日の猛暑で夏バテ気味のとき、身体がだるいだけでなく、あごが重いと感じる人がいる。話すときも、食べるときも、なんとなく違和感があって動かしづらい。ひどいときには痛みまで走る。夏バテならぬあごバテ。こんな症状が、固いものを食べ続けなくても、ある日突然訪れるという。その影に潜むのが、上あごと下あごアゴをつなぐ筋肉や顎(がく)関節に炎症を引き起こす「顎関節症」。悩む人が増えているそうだ。

「ロータス歯科医院」(東京都江東区)の遠藤多加史院長が警鐘を鳴らす。

「人間の噛む力は、男性の場合、奥歯で60キログラム程度と言われています。女性の場合は、40~50キログラム程度。瓦焼きのように固いものでも、健康な歯であれば食べることができるのは、噛む力があるからです。しかし、最近、無意識のうちに歯ぎしりや食いしばりをする人が増えています。四六時中、歯のみならず、あごの関節や筋肉に強い力がかかり続けるため、顎関節症になりやすいのです」

寝ている間に、上下の歯をかみしめ、左右に勢いよく動かす。これが歯ぎしり。「グリグリ」「ギリギリ」といった音が出るものの、本人は睡眠中なので気づかない。睡眠中に何百回も歯ぎしりを続ける人もいる。一方、食いしばりは、上下の歯をグーッと噛みしめた状態。歯茎は、歯に強い力がかかっても、衝撃を和らげることができるのだが、グーッと噛みしめ続けるとあごに負担がかかる。いずれにしてもアゴは疲れるのだ。

次ページアゴ疲れを放置していると・・
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 「薬害・廃人症候群」を知っていますか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。