無意識の「歯ぎしり」や「食いしばり」に注意

夏バテならぬ、「アゴバテ」に悩む人が増加中

あご疲れを解消するには、歯科で原因を突き止めてもらうことがなにより。歯ぎしりや食いしばりがあれば、マウスピースによって歯を保護し、クッションの代わりとすることで、あごへのダメージも軽減できるそうだ。しかし、何よりも重要なのは、日頃から歯ぎしりなどを防ぐこと。

「歯ぎしりや食いしばりの原因としては、ストレスが大きい。仕事が多忙なとき、あるいは、こじれた人間関係、さらには、帰省ラッシュの渋滞など、環境変化に伴うストレスもあります。それらを軽減することが予防につながります」

どんな予防法があるのか

遠藤院長によれば、予防法は次のとおり。

①自律神経のひとつ、交感神経が優位になるのを防ぐため、寝る1~2時間程度前に風呂に入り、筋肉をほぐしてリッラクスする

②寝る直前までスマホを見ていると、興奮した状態が続くため、1時間前には止める

③姿勢が悪いのも原因となるため、日頃から正しい姿勢を心がける

④物を食べるときに、片方の顎だけで噛むのではなく、両方の顎の歯で噛むようにする

⑤口を大きく開けたり閉じたりの体操をする

「歯ぎしりがひどい人でも、ゆっくりぬるま湯に入ってリラックして寝ると、筋肉の緊張がほぐれて、歯ぎしりが出にくくなります。もちろん、ストレス社会ですからリラックスを心掛けても、改善しないことはあります。

また、あご疲れは、歯ぎしりではなくても、あごの骨がズレても起こりますし、歯の痛みは虫歯ということもあるでしょう。違和感があったときに放置せずに、一度は、歯科を受診して原因を突き止めてください。その上で、治療や予防など、正しい対処をしていただければと思います」と遠藤院長は話す。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 令和の新教養
  • 就職四季報プラスワン
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスに効く<br>最強の健康法

現代人の大きな悩みである健康。多忙なビジネスパーソンのため、すぐに実践でき即効性がある健康法を厳選。糖質制限簡易版に加え「ゾンビ体操」「これだけ体操」を大きなイラスト入りで紹介。健康経営、健康ビジネスに踏み出す企業も満載。