スマホを長時間使用すると「老け顔」に!

原因は『目疲れ』による血行不良、その解消法とは?

片眼視は、片方の目だけで近くのモノを見ること。右目だけで見る場合、顔を少し左に反らし、右目を中心にした姿勢を取ることが多い。すると、使わない左目は筋肉が緩んで下がる。右目は上がって左目は下がるといった歪みが起こることで、老け顔になりやすいそうだ。

「たるみと顔の左右のバランスの崩れに加えて、目がショボショボとしていると、さらに老け顔を増長します。現代社会では、そういう人が多いといえます」(中川所長)。

目への血流が減ると、シワやクマが生じやすくなる

目の疲労が老け顔に関係しているのは、血行不良だ。同じ姿勢を続けると、肩や首がこることで、頭部への血流は減少。首を前に倒すだけで、脳へ行く血流は4分の1に減るという。加えて、目をキョロキョロ動かす「外眼筋(がいかんきん)」も、ジッと画面を見続けることで機能が低下し、目への血流は、さらに減る。

「目への血流が減ると、酸素や栄養分が届かなくなり、視力が落ちるだけでなく、目の周囲の皮膚にシワやクマが生じやすくなります。運動機能の低下でまぶたが下がると、目も小さくなるのです。みなさんも、目を細めた状態で鏡を見てみてください。大きくパッチリした目のときと比べて、老けた顔に見えるでしょう。姿勢の悪さだけでなく、目の疲労も、老け顔につながるのです」(同)

化粧でカバーしようとしても、運動機能の低下した目をパッチリ開くのは難しい。また、コンタクトやメガネを使用しても、根本的な目の疲れを取り除かないと、老け顔を食い止めることはできないそうだ。

「メガネなどでは、目への血流を増やすことはできません。モノを見ることは、エネルギーを多量に消費し、酸化を引き起こします。酸化は、老化を促し、細胞を変性させるのです。目への負荷が大きいほど、それが続くことで強度の近視から、合併症として、緑内障や白内障、網膜はく離なども起こしやすくなるため、注意が必要といえます」(同)

次ページ目の疲れを取り除くには?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。