スマホを長時間使用すると「老け顔」に!

原因は『目疲れ』による血行不良、その解消法とは?

目の疲れを放置していると、老け顔を増長し、眼精疲労から視力低下、さらには目の病気にも結びつく。意識して目の疲れを取り除くことが大切といえる。

目の疲れを1日5分で解消する「3つの体操」

情報化社会では、目の酷使は避けようがない。しかし、たった5分で目の機能を回復できるという。中川所長によれば、次の体操が効果的だ。

(1)目のパチパチ体操…①目をギュッと10秒閉じて、目をパッと開き、顔の位置はそのままで上を見る。②再び目をギュッと10秒閉じて、目をパッと開き下を見る。③10秒閉じた後、今度は右を見る。④再び10秒閉じて左を見る。
「目の周りの筋肉や血管、神経を刺激し、目の細胞の新陳代謝を促すことともに、目の周りの筋肉を鍛えることもできます」(同)

(2)目のツボ押し体操…①イスに座った状態で、目頭の上にあるツボ(溝の部分)を親指の腹でやさしく押す。②姿勢を前屈させて指圧の負荷を少し加え、5秒数えたら元に戻す。③次に、眉と目の間にあるツボ(溝の部分)を親指の腹でやさしく押して②を行う。④次に、こめかみのくぼみの部分を親指の腹で押して②を行う。⑤さらに、目の下のツボ(溝の部分)を人差し指と中指の腹でやさしく押し、②を行う。

(3)指先追いかけ体操…①片方の人差し指を目から30センチ程度の前に出す。②顔は正面のまま、目の高さで人差し指を右へ50センチ程度動かして、目で追う。③次に人差し指を左方向へ50センチほど動かして、目で追う。④同じ要領で、人差し指を「上、下」、「右上、左下」、「左上、右下」と動かして目で追う。いずれも人差し指を動かすときには、1往復1秒が目安。①から④を最低3回、1日3セット行う。

「指先追いかけ体操は、老眼の回復にも効果があります。朝起きたときや仕事をする前に行うのがお勧めです。1日5分の3つの体操で、視力を回復し、目がパッチリとした人は、数多くいます。目への血流を良くして、美と健康に役立てていただきたいと思います」と、中川所長は話す。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。