歌舞伎役者は、年を取ってもなぜモテる?

秘訣は、肌の「ハリ」と「ツヤ」

世の男性は30代半ばあたりから、肉体的、外見的な衰えを感じ始めることが多い。ただ、「もう老いるばかり」とあきらめるのは間違いだ。服装、髪型、話し方、仕事や生活のスタイルなどを気づかうことによって、若さを演出することは十分できる。この連載では、IBM出身の恋愛コンサルタントである青木一郎氏が、頑張らずに若さを保つためのテクニックを分野別に紹介する。
4月2日にオープンした新生「歌舞伎座」。多くのファンたちが、歌舞伎役者を見るために詰めかける(写真:John S Lander/LightRocket via Getty Images)

歌舞伎役者、若さの2つの秘訣

今年4月、老朽化のため建て替え工事をしていた歌舞伎座が、めでたく開場しました。建物は従来と同じ和風の建物。しかし、併設された29階建ての近代的なビルとのアンマッチさに、違和感を抱いた人は少なからずいたのではないでしょうか。その一人がほかならぬ歌舞伎役者の市川海老蔵さん。ある記者会見で「あまり好みじゃない」と、奔放な発言をしています。 

奔放といえば、結婚する以前の海老蔵さんは数々の女性遍歴で知られていました。しかし、よくよく考えると海老蔵さんに限らず歌舞伎役者は女性にモテます。たびたび、彼らと女優やモデルとの恋のうわさがマスコミをにぎわせています。ある大御所に至っては、70歳のときに20歳の女性とのホテルでの密会を、写真週刊誌にすっぱ抜かれたことさえありました。まさに“生涯現役”です。

さて、モテモテの歌舞伎役者さんたちは、見た目がとっても若々しい。年を取っても、華やかさがあります。その秘訣はいったい何でしょうか? 答えはこの写真が示しています。

半分冗談で、半分本気です。秘訣は2つ。まずひとつ目は肌の「ハリ」。歌舞伎役者は、顔の表情を目いっぱい使って喜怒哀楽を表現します。こうした表情を繰り返し作ることによって、顔の筋肉、つまり表情筋が鍛えられ、顔全体にハリがでるというわけです。

顔には57個の表情筋があります。これは腹筋や背筋と同じ筋肉そのもの。筋肉は年を取るとともに緩み、それが見た目の老化につながります。たとえば、腹筋が緩むと内臓の重みを支えきれず、お腹回りがだらりと緩みメタボになってしまいます。

同じように、表情筋も年とともに緩みます。例えば目の周りの筋肉(=眼輪筋)が緩んで目尻が下がり「おじいちゃん顔」になっていくのです。しかし、表情筋が鍛えられるとハリが出て、いつまでも若々しさを保つことができるのです。

次ページ「たかが顔そり」ではない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT