歌舞伎役者は、年を取ってもなぜモテる?

秘訣は、肌の「ハリ」と「ツヤ」

もうひとつ若々しくみえるポイントはツヤ(艶)です。

「年をとることは水分を失うことだ」と言う人がいます。人生の中で最もみずみずしいのは赤ちゃんのとき。体内組成の80%が水分です。これが成人になると60%にまで落ち込み、晩年は50%を切ってしまいます。人は年を取ると水分を失い、徐々に乾燥していくのです。軒先に吊るした柿が乾燥するにしたがって、徐々にシワシワになってしおれていくのに似ています。

この加齢による脱水現象が如実に現れるのが、ほかでもない肌です。乾燥し、みずみずしさを失い、老けた印象を相手に与えてしまうのです。

歌舞伎役者は役作りで、1日に何度も化粧をしては落とします。このため、肌が乾燥しやすく、それに対する対策を怠りません。肌の状態が悪いと化粧が乗りづらいからです。また、舞台の外でも人様に注目されるので素肌も大事。だから、人一倍、肌のケアには気を使っているので、肌にツヤがあるのです。

「顔そり」のすごい効果

肌の老化に関する話題をもうひとつ。その前に質問です。予約困難なカリスマ美容師にできなくて、街角の床屋さんには当たり前にできる10年若返る技術とは何でしょうか?

答えは「顔そり」です。

おじさん世代の老け顔のもうひとつの要因が、「顔のくすみ」です。この顔のくすみが消えると、見た目がぱっと若返ります。具体的には、細かい産毛を除去して、皮膚のいちばん表面に蓄積した古い角質層をはぎ取ること。これはつまり、顔そりにほかなりません。金属の表面にできた細かいサビを、やすりで磨くと明るく輝くのに似ています。

この顔そりは法律上、美容師には行うことが許可されていません。また、私たちがヒゲそりで毎日使っている「T字型かみそり」はヒゲ専用なので、細かい産毛や古い角質層の処理には適していません。つまり顔そりは理容師の専売特許の技術ということです。

女性はこうした情報に敏感です。最近は「ブライダル・シェービング」といって、理容師資格をもった人が顔そりをするサービスが人気になっています。ブライダルとは文字どおり結婚式用ということ。彼女たちは人生でいちばんキレイになりたいハレの日に備えて、顔そりをするということです。

男性陣もこれを見逃す手はないでしょう。たかが顔そりと侮るなかれ、ということです。

次ページ肌の手入れは、ビジネスパーソンのたしなみ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?