歌舞伎役者は、年を取ってもなぜモテる?

秘訣は、肌の「ハリ」と「ツヤ」

それでは最後に、これまで述べてきた加齢現象への対処法をまとめました。参考にしていただけたら幸いです。

・肌のハリ(「口角を上げる」含む)=表情筋のトレーニング

表情筋のトレーニング法については、いくつか専門書が刊行されていますが、キャロル・マッジオ著の『できる男の顔になるフェイスビルダー』(PHP研究所)と宝田恭子著の『顔だけ痩せる技術』(メディアファクトリー)は、写真やイラストによる解説がわかりやすいのでオススメです。

・肌のツヤ(艶)=スキンケア(乾燥肌対策)

もし、鏡を見て肌が「乾いているな〜」と感じたなら、水分補給用のローションと保湿性のあるクリームを使うといいでしょう。乾燥を防ぎ、肌の水分をキープするのに効果があります。タイミングとしては、朝の洗顔後とお風呂上がりが最適です。肌の皮脂が洗い流されて、最も保湿成分が失われているときだからです。

・肌のくすみを消して明るく輝かせる=産毛と古い角質層の除去

床屋さん(理容店)での顔そり。理容師資格を持った人による顔そり(例:ブライダル・シェービング)。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。