在宅勤務で「孤独に悩む人」「元気になる人」の差

今こそ見直したい「フィードバックの有用性」

在宅勤務で元気になる人、不調になる人のちがいとは?(写真:Ushico/PIXTA)

コロナ禍によってテレワーク化が進む中、奇妙な現象がおこっています。

それは同じようにテレワークをしていても、孤独感などのストレスを強く感じ、早く以前のような働き方に戻りたいと「鬱々する人」と、逆にとても精神的に健康な日々を送れるようなった「いきいきする人」に分かれるということです。

私の実感値でしかありませんが、割合としては半々ぐらいでしょうか。そのため緊急事態宣言解除後、どこまで「コロナ以前の働き方」に戻すか様々な会社で議論されていますが、なかなか合意形成は難しいようです。

「テレワークがつらい人」の特徴

テレワークがつらいというのはわかりやすい「問題(=解決しなくてはならないもの)」ですから、そういう人の特徴や、つらくなる原因についてはいたる所で言及されています。

指示が曖昧になるとか、相談できる相手がいなくなるとか、プロセスを評価されなくなるとか、どうやら「コミュニケーション量の減少」によるものが多いようです。

より具体的に言えば、以前よりも仕事を通して注目されないため、「承認欲求」が満たされにくいということでしょうか。コミュニケーションが減り、自分がやったことにフィードバックを受けられないことが相当ストレスにつながっているようです。

一方、テレワークでいきいきする人は、「自己充足」しているケースが多いです。心の内にある価値観や判断基準、興味関心などによって自分の仕事を自分で評価して生きているので、別に誰にどう思われようがあまり気にしていない。「自己満足できる人」とも言えるかもしれません。

内なる基準が会社にもメリットをもたらすものであれば、自己満足できる人は決してネガティブな人材とは言えないでしょう。

なぜ後者の人たちはリアルな職場を離れることで前者の人たちよりも満足感を高めることができたのか? リモートワークに移ってから「以前よりも働きやすくなった」という20代男性に尋ねると、「上司や先輩から意見される機会が減ったから」と言います。

次ページ上司や先輩のフィードバックがつらかったリクルート
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT