在宅勤務で「孤独に悩む人」「元気になる人」の差

今こそ見直したい「フィードバックの有用性」

在宅勤務で元気になる人、不調になる人のちがいとは?(写真:Ushico/PIXTA)

コロナ禍によってテレワーク化が進む中、奇妙な現象がおこっています。

それは同じようにテレワークをしていても、孤独感などのストレスを強く感じ、早く以前のような働き方に戻りたいと「鬱々する人」と、逆にとても精神的に健康な日々を送れるようなった「いきいきする人」に分かれるということです。

私の実感値でしかありませんが、割合としては半々ぐらいでしょうか。そのため緊急事態宣言解除後、どこまで「コロナ以前の働き方」に戻すか様々な会社で議論されていますが、なかなか合意形成は難しいようです。

「テレワークがつらい人」の特徴

テレワークがつらいというのはわかりやすい「問題(=解決しなくてはならないもの)」ですから、そういう人の特徴や、つらくなる原因についてはいたる所で言及されています。

指示が曖昧になるとか、相談できる相手がいなくなるとか、プロセスを評価されなくなるとか、どうやら「コミュニケーション量の減少」によるものが多いようです。

より具体的に言えば、以前よりも仕事を通して注目されないため、「承認欲求」が満たされにくいということでしょうか。コミュニケーションが減り、自分がやったことにフィードバックを受けられないことが相当ストレスにつながっているようです。

一方、テレワークでいきいきする人は、「自己充足」しているケースが多いです。心の内にある価値観や判断基準、興味関心などによって自分の仕事を自分で評価して生きているので、別に誰にどう思われようがあまり気にしていない。「自己満足できる人」とも言えるかもしれません。

内なる基準が会社にもメリットをもたらすものであれば、自己満足できる人は決してネガティブな人材とは言えないでしょう。

なぜ後者の人たちはリアルな職場を離れることで前者の人たちよりも満足感を高めることができたのか? リモートワークに移ってから「以前よりも働きやすくなった」という20代男性に尋ねると、「上司や先輩から意見される機会が減ったから」と言います。

次ページ上司や先輩のフィードバックがつらかったリクルート
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT