オンライン講義がリアルの代替に留まらない訳

コロナ禍で使ってみたら新しい可能性が見えた

だから、オンライン中継はやはり代替物という性質が強いのではないでしょうか?

しかし、講演やセミナーでは、臨場感というのは、あまり大きな問題とはなりません。

講演の場合には、リアル方式では、通常は講師から受講者への一方通行になる場合が多いのです。

日本の場合には、とくにそうです。

「講義・講演・セミナーは、講師の話を一方的に聴くものだ」という考えが強く、講師と受講者の間のインタラクションはあまり多くはありません。

学校の小さな教室であれば、質問もしやすいかもしれません。しかし、大教室となると質問するのは難しくなります。

講演ということになれば、ほとんどの場合に、講師からの話を一方的に聴くということになります。質問があるとしても、主催者が代表して行う場合が多いのではないかと思います。

私は、アメリカでの1時間の講演が、最初に15分ほど話して、残りのすべてをQ&Aにあてることになっているのが、大変効果的だと思ったことがあります。

そこで、日本でも同じことをやろうとしたのですが、「15分しか話さないのでは手抜きだ」と言われてしまいました。

オンラインセミナーであれば、事前に通知を出す際に、内容の概要を送り、あらかじめ質問を受け付けることができます。

質疑の時間を長くすることも可能に

したがって、これまでの講演会より質疑の時間を長くすることも可能です。うまくやれば、1対1のインストラクションを受けているような感じになるのではないでしょうか?

これが、YouTubeを使うセミナーや講義との大きな違いです。YouTubeは、一種の放送なのです。基本的に、インタラクションという機能がありません。

参加者が多くなった場合に、すべての質問に対して十分な時間をとることが難しい場合もあります。こうした場合においても、何らかの方法でコミニケーションを行うことは可能だと思います。

私は始めたばかりですので、いろいろ手探りで試行錯誤している段階なのですが、新しい可能性が広がりつつあることを強く感じています。

オンラインセミナーは、コロナ期だけのリアルセミナーの代替物ではなく、新しい形のセミナーになるでしょう。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT