三井住友が利益首位、3メガが直面する正念場

コロナの中で今期は予想通りの利益を出せるか

減損が明暗を分けたが、効率性でもみても三井住友が勝る。三菱UFJの経費率(営業経費÷業務粗利益)は2020年3月期で70.2%なのに対し、三井住友の経費率は62.8%とかなり低い。

グループ傘下の銀行単体ベースで比較すると、貸出や手数料収入など銀行の主要な業務の状況を示す「業務粗利益」は三菱UFJ銀行が1兆5462億円、三井住友銀行は1兆4120億円と大差ない。一方、経費は三菱UFJが1兆1509億円、三井住友は8080億円と大きく違うため、銀行の稼ぐ力を表す「業務純益」は三井住友が6039億円と三菱UFJ(3952億円)の1.5倍ある。

三菱UFJフィナンシャル・グループは、「経費率60%程度」を中長期の目標に掲げており、その達成には国内銀行部門をテコ入れする必要がある。現状、2023年度までに従業員約6000人を自然減で削減、国内店舗は約500店のうち35%を削減(いずれも2017年度比)する方針だが、その削減量を増やす可能性もある。

亀澤氏は社長就任前、三菱UFJのデジタル化を担うCDTO(チーフ・デジタル・トランスメーション・オフィサー)と務めていたデジタル畑だ。今後、事務の自動化やAI導入を通じた業務量削減とそれに伴う人員・店舗の削減を着実に進め、どれだけ効率性を高められるか。まさにその経験と手腕が問われる局面だ。

「いい案件があれば積極的に検討」

一方の三井住友の課題は、これまで積み上げた資本をどう活用するかに移っている。三井住友の太田純社長は「新興国で第2、第3の三井住友フィナンシャルグループを作っていく」と語ってきた。2019年2月に連結子会社化したインドネシアの年金貯蓄銀行・BTPN(バンク・タブンガン・ペンシウナン・ナショナル)のように、現地企業を買収しつつ収益基盤を拡大する構想だ。

コロナウイルスの影響で資産価格が下落していることも踏まえ、今回の決算会見で太田社長は「いい案件があれば積極的に検討していきたい」と語った。どの地域に次の一手を繰り出すのかが注目される。

上位2社がしのぎを削る中、みずほは遅れをとっている。2019年3月期に新システムの減損などから約6800億円という巨額減損を計上していたため、2020年3月期は増益を果たしたものの、純利益は4485億円にとどまる。

ただ、これまで新システム移行(2019年から全面稼働)の影響で遅れていたコスト削減は順調な滑り出しを見せている。2020年3月期は経費の削減額を580億円程度と見ていたが、最終的には890億円まで積み上がった。2019年度に始まった5カ年の中期経営計画では後半2年で利益を一段と高めていく方針で、トップラインの拡大がカギを握る。

次ページ今期の利益首位は?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT