生前贈与税を下げ、若い人におカネを渡そう

草食投資隊が考える成長戦略②

中野 それにしても、前回は法人税減税を設備投資減税に絡めるのではないかという話をしましたが、まさかキャピタルゲイン課税の税率を引き上げるという話になるとはね。ま、確定ではありませんが、もしそうなったら、正直、成長戦略は頓挫するのではないかと思います。

渋澤 それだけ自民党内で法人税減税に対する批判が多いということなのだと思いますが、残念ながら、そもそも減税をすることで経済のパイを大きくするという発想がないようですね。

時限立法で、生前贈与にかかる税金を10%に

中野 民間のビジネスは基本的に「損して得取れ」じゃないですか。でも、霞が関にその発想はありません。法人税減税で税収が減ったとしても、経済が上手く回れば、別の形で税収は増えます。この発想がないから、霞が関はいつまで経っても発展しない。その意識改革こそ必要だと思います。

藤野 僕は日本全体の問題だと思います。日本の大企業って四半期決算じゃないですか。社長の任期も2期4年が多い。損して得取れと思っているうちに自分の任期が終わってしまうのは忍びないから、どうしても目先で利益を上げようと考えてしまいがちです。長期的な視野で、今やっておくべき設備投資などにお金が回らなくなります。

渋澤 四半期決算なんて、短期志向のヘッジファンドとブローカー、アナリストが必要としているだけでしょう。ただ、そこに問題があるということに、金融庁は気づき始めている。

中野 確かに、NISAにしても、現在は全くもってひどい制度ですが、金融庁はこれを見直そうとしていますから、確かに金融庁自身が長期資本の在り方について真剣に考え始めているのは事実なのでしょう。日本の成長マネーは今、現預金に眠っている状態で、この額が860兆円。NISAをきっかけにして、このお金が動きだせば良いのですが。

藤野 私は2014年から2016年までの時限立法で、生前贈与にかかる税金を10%にすれば良いのでないかと思います。そうすれば今、高齢者に滞留している大量の現預金が、若い人たちに移転される。特にスーパーリッチ層は相続税を節税したいでしょうから、この方法を用いれば、短期間で一気に若い人たちに富の移転が進むはずです。

次ページまだまだ、成長戦略はある!
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT