前編 大きく改正される相続税制

平成25年税制改正により、相続税がかかる人が増えると言われています。しかし、「何をどうしたらよいのかわからない」という声も多いようです。
 このたび東洋経済新報社から『遺す人も遺される人も知っておきたい 相続の教科書』(三井住友信託銀行・著)という書籍が出版されました。執筆者である同行の財務コンサルタント・長沢峰己氏から、相続をスムーズに進めるためのヒントをご紹介していただきます。

都市圏の退職層は要注意

平成27年1月1日から相続税制が大きく改正されます。中でも、影響が大きいものに「基礎控除額の縮小」が挙げられます。
 従来は相続財産から「5000万円+1000万円×法定相続人の数」を差し引いた残りに対して相続税がかかっていたのですが、これが6割(3000万円+600万円×法定相続人の数)まで引き下げられます。

つまり、4人家族で配偶者と子ども2人が相続する場合、8000万円まで非課税だったものが、4800万円を超えると相続税の課税対象になるということです。
  東京、大阪、名古屋の3大都市圏にお住まいになっている方で相応の退職金をお受け取りになった方の場合、基礎控除額を意外と簡単に上まわってしまう可能性があります。その意味では、首都圏にお住まいの一般的なサラリーマン家庭にも影響がでてくることが十分に考えられます。

とはいえ、無闇にあわてる必要はありません。相続は人生の中で何度も経験するものではないため、不安に思われるのも当然でしょうが、まずは「相続が起きるとどういうことがあるのか」を知っておくことが大切です。財産を遺す方・遺される方の双方が認識を深め、準備しておくことが安心の相続につながります。

次ページ相続開始後の手続きは意外と大変
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT