後編 遺言者が自分の思いを伝えながら最適の配分を示す

これからの相続に大切なのは「愛情」

前回は、スムーズな遺産分割を実現するために「遺言書」が重要だとお話ししました。
 とはいえ、遺言書を作成する目的が単に争いの回避を目的とすると、遺言書の価値が薄れてしまうと思います。

財産の承継というと、世間では親族間の争いや兄弟間の諍いなどがクローズアップされがちです。しかし、相続とは本来、ご自身が築き上げ、守ってきた財産を、思いを込めて次世代に承継していくということです。

これからの相続を乗り越えるパワーの源泉となるのは、争いの回避ではなく、「愛情」や「思いやり」といった要素ではないかと考えます。ですから、遺言書を作成する際には、遺産の分割についてだけでなく、なぜそのようにしたのかというご自身の思いを書くことをお勧めします。

これによって、遺言者がどのようにその財産を残したいのかという意思が相続人の方々に伝わります。遺言者が自分の思いを伝えながら最適の配分を示すことによって、相続人全員の納得を得ながら、円滑に承継することにもつながります。争いの回避は、あくまでその結果としてもたらされるものではないでしょうか。
遺言書から相続トラブルを連想される方がいらっしゃるかもしれませんが、ぜひポジティブな意味で遺言書の作成を考えていただきたいと思います。

次ページまずはエンディングノートを書いてみる
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT