後編 遺言者が自分の思いを伝えながら最適の配分を示す

これからの相続に大切なのは「愛情」

前回は、スムーズな遺産分割を実現するために「遺言書」が重要だとお話ししました。
 とはいえ、遺言書を作成する目的が単に争いの回避を目的とすると、遺言書の価値が薄れてしまうと思います。

財産の承継というと、世間では親族間の争いや兄弟間の諍いなどがクローズアップされがちです。しかし、相続とは本来、ご自身が築き上げ、守ってきた財産を、思いを込めて次世代に承継していくということです。

これからの相続を乗り越えるパワーの源泉となるのは、争いの回避ではなく、「愛情」や「思いやり」といった要素ではないかと考えます。ですから、遺言書を作成する際には、遺産の分割についてだけでなく、なぜそのようにしたのかというご自身の思いを書くことをお勧めします。

これによって、遺言者がどのようにその財産を残したいのかという意思が相続人の方々に伝わります。遺言者が自分の思いを伝えながら最適の配分を示すことによって、相続人全員の納得を得ながら、円滑に承継することにもつながります。争いの回避は、あくまでその結果としてもたらされるものではないでしょうか。
遺言書から相続トラブルを連想される方がいらっしゃるかもしれませんが、ぜひポジティブな意味で遺言書の作成を考えていただきたいと思います。

次ページまずはエンディングノートを書いてみる
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT