後編 遺言者が自分の思いを伝えながら最適の配分を示す

まずはエンディングノートを書いてみる

もし、いきなり遺言書を準備するのはハードルが高いというときには、前段階としてエンディングノートを活用するのもよいでしょう。
 近年、様々なタイプのエンディングノートがあり、財産の内容を整理する、あるいはライトな遺言書として活用できるものもあれば、備忘録や自分史をまとめる形式のものもあります。

エンディングノートは、どちらかというと財産を遺す側の方が書くものとされていますが、遺される側の方も一読をお勧めします。お葬式のときに誰を呼べばいいのかなど、いざというとき知っておくべきことが理解できるはずです。
 遺される側としても、自分の親に「遺言書を書いてほしい」と提案するのは難しいと思います。そこで、まずは「万が一のときに家族が困ってしまうから、エンディングノートなどに記録しておいたら?」と声をかけておくとよいでしょう。

次ページ「教育資金の一括贈与」制度のメリット
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • はじまりの食卓
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。