後編 遺言者が自分の思いを伝えながら最適の配分を示す

まずはエンディングノートを書いてみる

もし、いきなり遺言書を準備するのはハードルが高いというときには、前段階としてエンディングノートを活用するのもよいでしょう。
 近年、様々なタイプのエンディングノートがあり、財産の内容を整理する、あるいはライトな遺言書として活用できるものもあれば、備忘録や自分史をまとめる形式のものもあります。

エンディングノートは、どちらかというと財産を遺す側の方が書くものとされていますが、遺される側の方も一読をお勧めします。お葬式のときに誰を呼べばいいのかなど、いざというとき知っておくべきことが理解できるはずです。
 遺される側としても、自分の親に「遺言書を書いてほしい」と提案するのは難しいと思います。そこで、まずは「万が一のときに家族が困ってしまうから、エンディングノートなどに記録しておいたら?」と声をかけておくとよいでしょう。

次ページ「教育資金の一括贈与」制度のメリット
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。