世界唯一、ディズニー「内」ホテルの秘密

ファンもあまり知らない、ミラコスタの裏側

――じゃ、細かいところで、注文を聞くとか、応対をするにつけ……。

たとえば料理を出すときにも、レディファーストじゃなくて子どもファースト。その後にレディファースト、というのが特色ですね。

レディス&ジェントルマンの前に、ボーイズ&ガールズなのです。ディズニーのコンセプトは、ファミリーエンターテインメントなのですね。

「安っぽい」ではなく、これがリアル

スパへ向かう通路からベネチアの水路を眺める。日本であることを忘れてしまう

――先ほど館内のスパに行く途中で、通路からベネチアの川下りというか水路が見えました。本当に海外のリゾートにでも来たような錯覚があって、子どもが来ても楽しいでしょうが、大人も違和感なく楽しめますね。

そうですね。ゴンドラの水路は、水が上がったところの線まで(デザインで)つけてありますからね。かなり作り込んでいますよ。

ベネチア側には、ちゃんと飾り窓がついています。立体感があるわけですね。ちなみに、ポルトフィーノ側は飾り窓じゃなくて、ダマシ絵です。

ポルトフィーノ側を見て、「安っぽいな、これ手抜いたなー」なんて言う方がいますが、違うのです。

――ということはつまり、実際に現地がダマシ絵になっていて、それを正確に再現していると。リアルなわけですね。

そうです。リアルですね、どこも。

――ディズニーの徹底志向が出ていますね。全体がひとつの芸術作品なんですね。

大理石のデザインやエレベーターホール、ロビーや天井の絵、いろいろなところにものすごくデザイン性の高いものがあります。

細かく見ていくと本当に面白いと思いますね。「こんなところにこんなものがあったのか」と、私でもびっくりすることがたくさんありますね。

(撮影:尾形文繁)

※この記事の後編は、4月21日(月)に公開予定です

 

筆者が手掛けた東洋経済オンラインのホテル連載が、電子書籍「1泊10万円でも泊まりたい ラグジュアリーホテル 至高の非日常」(小社刊)になりました。10万円以上するような部屋に泊まりたいと思わせるラグジュアリーホテルの魅力とはいったい何なのか。厳選9ホテルの総支配人たちが大いに語っています。

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。