岩田健太郎「病院の待ち時間が長い根本原因」

諸悪の根源は「医者と患者の共犯」にある

なぜ日本の病院の「待ち時間」は長すぎるのか?(mits/PIXTA)
予約したにも関わらず、診察を何時間も待たされた経験のある人は多いはず。日本の病院の待ち時間が長すぎる問題は、なぜ解消されないのか? 2月に横浜港に停泊したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」の内情を告発して注目を集めた、神戸大学感染症内科の岩田健太郎教授が解説。新書『新型コロナウイルスの真実』から一部抜粋・再構成してお届けする。

新型コロナ対策として、実際にコロナかどうかに限らず風邪をひいたらすぐに休むことが大切です。自分がまず休むこと、そして家族や同僚が風邪をひいたらちゃんと休ませてあげることが大切ですが、そのためには、「休むことができるシステム」を整備しないといけない。

それは工夫すれば容易にできることなんですが、日本の社会では、工夫することそのものが悪とされることがあります。

日本の病院はなぜ「無駄」が多い?

2018年に注目を集めた東京医科大学での女性差別問題なんかが典型ですよね。「男性医師がこんなに頑張って仕事をしているのに、女性がそこに入ってやれるわけがない」といって、差別を起こすわけです。

でも世界的に見たら、じつは医師の数は女性のほうが多いのです。ということは、女性の医師のほうが多い国が圧倒的に多い。にもかかわらず日本では男性医師じゃないとやっていけないというのは、男女の能力の問題というより、単なるシステムの不備じゃないかって考えたほうがより合理的ですよ。

「男の医者は夜中まで頑張ってる」みたいな偉そうなことを言ってるけど、それは裏返すと、それって家で何もやってないって意味ですよね。単に奥さんにワンオペの家事を押し付けてるだけでしょ。

そういうマインドが当たり前のシステムだから、日本の医療ってものすごく無駄が多いのです。例えば、外来患者がとても多い。不必要なまでに多い。今でこそ、コロナ問題で不要な診療を避けましょうというようになって外来の患者数がすごく減っていますが、ひっくり返せばそれだけの減らせる余地があるほど、これまでは無駄が多かったんです。

次ページ日本の病院は「患者を減らす努力」をしていない
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナショックの大波紋
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。