学童指導員「収入減・雇い止め」厳しすぎる現実

急な環境変化で「学童ぎらい」になる子どもも

「学童は社会資源」という認識が広がったように見えて、アキラさんやキョウコさんは嘆き、M市の保護者は憤っていた。学童への軽視は依然として残っている。

かつて3Kは、「きつい」「きたない」「危険」な仕事を指した。学童保育業界は常に人手不足だ。離職率も高い。勤続年数1〜3年の人が半数を占めるのは、「きつい」「給料が安い」「軽視される」の3Kだからだ。そこにコロナウイルス感染のリスクという「危険」も加わった。ウイルスが収束した後、指導員は働き続けているだろうか。

「存在の危機」にある学童保育

モチベーションが下がると訴えつつ、キョウコさんは仕事に行くと癒やされるのだとも話してくれた。

「社会のために危険と隣り合わせで働きながら、学童があることに感謝の気持ちを伝えてくれる保護者や、登所を自粛して家庭で子どものケアをしながらも、危険と隣合わせの現場にいる保護者のために働く私たちをねぎらう保護者、そしてなにより『学童がないと困るねん』と言ってくれる子どもたち。そういう思いに支えられていますし、人のつながりを感じられることに救われています。学童保育が社会の機能や経済活動を支えるために必要な制度だということをたくさんの人に知ってもらえたら、今の努力が報われる気がします」

学童という制度をどう維持していくのかが問われている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT