テレビのコロナ対応に見た何とも悩ましい問題

番組制作に大きな制約、新たな手法探る必要も

現在は5Gも導入されて、芸能人の自宅からも鮮明な画像がスマホで簡単に送られてくる。サブコンからVTRの映像も双方向で送らないといけないのだが、いまはパソコンを置けば問題なくできる。

“苦肉の策”で導入した手法だが、ひとつのやり方としてアリだろう。

「ヒルナンデス!」のこの形はあくまで期間限定だが、この「全員リモート出演」という手法を新しい“バラエティー”に進化させた番組が出てくる可能性は大いにあるのだ。

ネット会議的な手法も番組として可能性あり

現在多くの企業が在宅勤務「テレワーク」という形を取っている。そこではZoomなどを使ったネット会議が頻用され、一気に広まった感もある。

このネット会議的な「手法」も番組として何か発展させることができるはずだ。

当然私も何か番組ができないか、企画を練っているところである。

上の画像をクリックすると、「コロナショック」が波及する経済・社会・政治の動きを多面的にリポートした記事の一覧にジャンプします

テレビはこれまでも、過剰と思えるほどのコンプライアンスや予算削減といった数々の「制約」の“隙間”を縫って、新しい企画・番組を生みだしてきた。

6日に日本テレビが発表したコロナ感染拡大という状況下における「今後の番組編成指針」の中に、次の一文があった。

『「豊かな時を提供し、生活者に希望と活力を届ける健全な娯楽番組」の編成』

良質な娯楽を発信していく、というのである。

日本テレビだけではないだろう。

テレビは新型コロナウイルスという“国難”の中でも、視聴者に「安心」と「楽しさ」を提供していかなければならないのだ。

今は、感染の恐れと「正しく向き合い」ながら生放送で視聴者に情報を届け、一方でバラエティー番組のスタッフはストックや総集編でこの場をしのぎながら、「次」の番組作りをじっくりと仕込むときではないだろうか。

「コロナで大変なときに色々知恵を絞ったことがキッカケで、こんな面白い番組が生まれた」

そう言えるときが来ることを私は願っている。 

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?