足立区を根こそぎ変える「給食革命」

“犯罪の多い街"が持つ、負のスパイラルを変える

仮に、勉強が嫌いな子どもが、それでも「給食が楽しみだから、学校に行く」という気持ちになっても、それも“あり”かな、と思うのです。子どもたちが大人になって、小・中学校時代を振り返ったときに、舌やお腹の感覚で「給食がおいしかったな」と思い出すような、そんな学校があってもいい、と考えたのです。

これまた美味しそうなキムチチャーハンの給食

また、手作りの食事を1日3食出しているご家庭だったら問題ないのですが、「中食」や「外食」などが多いご家庭だと、子どもにとって3食のうちの1食、つまり給食が占める割合が非常に重要になってきます。給食以外には野菜をとらないケースや、朝ごはんを抜いて昼まで何も食べないケースがあるからです。

しかも、コンビニやファミレスの食事は味が濃いですから。素材のうまみを生かした本当の味を「まずい」、と言ってしまう子どももいます。子どもの頃からいい素材を、そしてこれこそ本物の味だよ、ということを教えていく必要があります。そういったことが、給食革命に取り組むきっかけになりました。

――メニューや味付けには、どのような工夫をされていますか?

足立区の作っている給食は、天然のだしを使っています。塩分を控えた中でも和食本来の鰹節、鶏がらなどの天然だしにこだわっています。冷凍物も使っていません。野菜は農場の協力もあり、地場のものが多いです。

豊かで健全な味覚は子どもの頃から形成される、と言われています。学校給食を通じて、うまみがおいしいと感じられる子どもの感性を育てるとともに、保護者への啓発も図っています。

だからといって、給食にたくさんコストをかけてぜいたくをさせている、ということもまったくありません。決められた予算の中で、どのようなメニューを通じて子どもたちにおいしく食べさせるかについて、区の栄養士の方は真剣に取り組んでくれています。

味はもちろんおいしいに越したことはないですし、メニューもバラエティに富んだものを提供するのは大切ですが、子どもたちをじっくり観察していると、「食べさせようとする雰囲気づくり」も非常に重要なことがわかりました。

そこで、各学校ではいろんな工夫をしています。バイキング形式で実施したり、クイズで食の話題を提供したり、シチューやカレーの中にハートマークのニンジンをほんの少しだけ入れるなど、楽しく食べられる工夫をしています。

次ページ食べ残しが減る一方、肥満率が減少!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ネットで故人の声を聴け
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT