足立区を根こそぎ変える「給食革命」

“犯罪の多い街"が持つ、負のスパイラルを変える

ほかにも、貧困の差、学力、健康といったボトルネック的な課題があり、それを解消しないかぎりは「相変わらず足立区は……」と言われ続けることになります。

これらには正面から向き合っていかなければいけません。私は「ワーストワンを解消します」と言い続けているので、議会から「区長がワーストワンと言うから、余計にみんながそうイメージする」と反論されたこともあります。が、やはり正面から戦わないといけないんですよ。こそこそやっていても、状況は変わらない。

それぞれの課題は個別に存在するのではなくて、すべて相関関係があって負のスパイラルを描いています。戦略や仕組みを構築しながら、断固たる決意で解消していかざるをえません。

――足立区は待機児童対策でも問題視されたことがありました。現在は解消されたのでしょうか?

待機児童対策は2013年度と14年度の2年間で1000人の定員を増やす約束をしています。その計画に沿って、14年度は定員数を約700人増やす計画です。

待機児童数もきっちりと減っているのですが、一方で新しいマンションがたくさん建設されていますので、保育所どころか小学校も足りない状況です。まだまだこれから、対策を打っていかなければいけません。

待機児童については、数だけで判断してほしくないですね。フルタイムで働いている方に最適な環境を整えることは最低限必要ですが、中には「この保育所でなければ(入園しない)」という親御さんもいます。待機の中身も分析していただきたいと思っています。

(撮影:尾形文繁)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT