リケジョ、東大女子、女性アスリートの共通点

すべての女子は「小保方さん」である【後編】

 女と男はなぜすれ違うのか? なぜ話が合わないのか? あの人はいったい何を考えているのか? どうしてあんなことを言ったのか? この連載では、今、職場で起きているリアルな「女と男の探り合い」を、社会心理や生声エピソードなど、さまざまな視点からひもといていきます。

 

女性アスリートという生き方

【前編】では、一連のSTAP騒動に関して、小保方晴子ユニットリーダーが理系の女子(いわゆるリケジョ)だったからこそ起きたことではなかったか、と述べました。

「男性が得意とされている分野での女性の活躍は、良くも悪くも好奇心の対象となり、結果的に、激しい敵視・攻撃にさらされることもありうる」ということです。

そういう意味で私は常々、女性アスリートの生きざま・ライフキャリアに注目しています。

「運動ができる」「カラダが強い」というフィジカル面は、男性が「女性よりも優れていたい」とこだわる要素の最たるものでしょう。女性よりも強くありたい、力持ちでありたい。それが男性の根源的なプライドです。

ですから多くの女性アスリート=「運動のできる女性」はそもそもからして、男性からすると複雑な気持ちになる存在です。

それが、フィギュアスケートや新体操のように「女性の世界」であればまだしも、強さに本能的に結び付いた「男性の聖域」、たとえば柔道やボクシング、サッカーや野球であれば、なおさらです。

複雑な気持ちになった男性たち(つまり多くのメディア)は、彼女たちを純粋にアスリートとして取り上げることをせず、必ず「美人アスリート」「女性格闘家」などの枕詞をつけて報じます。それはまさに、小保方さんを「かっぽう着のリケジョ」と持ち上げたのと同じ仕組みです。さらには、彼女たちの実力や功績よりも、ルックスや私生活(彼氏はいるのか)について、やいのやいのと言い立てます。

たとえば、なでしこジャパンが脚光を浴び、川澄選手の美貌が注目された時期、インタビューでは「結婚はいつ頃を考えていますか?」といった質問が飛び交ったものです。

次ページ男の世界の女性と、女の世界の女性
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT