リケジョ、東大女子、女性アスリートの共通点 すべての女子は「小保方さん」である【後編】

✎ 1〜 ✎ 6 ✎ 7 ✎ 8 ✎ 最新
拡大
縮小

すべての職場で起きているざわつき

と、ここまで読んで、多くの女性は「私は理系じゃないからよかった」とか「運動できないから大丈夫」と、他人事のように思っているかもしれません。逆に、多くの男性は「そりゃ、自分よりケンカの強い女子がいたら、微妙な気持ちになるのは当然だろ」とか「女医さんとかあこがれるよね~」と、無邪気な感想を抱くかもしれません。

ですが、同じことは、間違いなく日本のすべての職場で起きています。

「会社で働く」ということ自体、まだまだ「男性の仕事」という意識は根強く、多くの会社は「おじさんと女の子」で構成。男性たちは心のどこかで「ここは男の縄張り」と思っているはずです。

そこへ女性が現れて「普通に」、あるいは「男性よりも優秀に」働いてしまえば、男性たちはざわつきます。言ってみれば、男子サッカー部の部活で、それまでマネジャーだった女子がピッチに入ってきてシュートを打ち始めたら、自分よりもスゴくてうろたえているような状態です。

女性が日本の企業に入社するということは、いわば、長い伝統のある男子サッカー部に初めて女子が入部するようなもの。男子としては、女性といえばかいがいしいマネジャーしか知らなかったので、扱いに戸惑い、必要以上に注目し、時には嫉妬することも。女子たちも、ゴールを決めれば決めるほど周囲の視線が痛い、という事態に。

「企業」という、これまで男性の聖域だった場所に、入っていかざるをえない女性たち。うまく立ち振るまえば、女子プロゴルファーのように富も名声も手に入れられるけれど、下手をすると、小保方さんのように過剰な敵視を受けてしまいかねません。

男性たちの聖域意識が完全に抜けるのは、いったい、いつになるのでしょうか。

五百田 達成 作家、心理カウンセラー

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

いおた たつなり / Tatsunari Iota

米国CCE,Inc.認定 GCDFキャリアカウンセラー、株式会社 五百田達成事務所代表。35万部を突破した察しない男 説明しない女シリーズ、『不機嫌な長男・長女 無責任な末っ子たち』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)など著書多数。東京大学教養学部卒業後、角川書店、博報堂、博報堂生活総合研究所を経て独立。「コミュニケーション心理」「職場の人間関係」を主なテーマに執筆や講演を行う。

 

 

 

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT