プロ野球選手は「クビ」にどれだけ備えているか

現役時代から準備し、引退後に即動けるかがカギ

奥村:僕自身も、選手をクビになってすぐバッティングピッチャーになりました。30、40歳までやって、そのあとスカウトに転身して、みたいなキャリアを勝手に描いていましたが、翌年にクビです。まさか1年でクビになるなんて思ってませんでしたから、かなり焦りました。他球団でバッティングピッチャーをやる道もありましたが、当時23歳だったので、大卒して1浪した年と同じなのであれば、今、社会に出たほうがいいと思って出たのが現実です。

元阪神タイガースの投手で現在は公認会計士の奥村武博氏(撮影:梅谷秀司)

:球団側も、どういうつもりで球団に残そうとしているかも、知りたいですね。

高森:水野さん、球団の対応はどんな感じでしたか?

水野:昨年解雇された選手の半分はやはり球団に残りましたし、僕自身も、球団に残ってトレーナーの道を提示されました。球団からは、2〜3年球団で働きながら世の中を見つつ、それから社会に出るのもいいのではないかという提案を受けました。それはすごく新しい考え方だなぁと。そういった提案をいただけるのもすごくありがたかったです。

高森:じゃあ、球団の姿勢としてはすごくサポーティブだったんですね。僕のときと全然違う(笑)。

一同:(笑)

高森:僕の同級生の松下一郎さん(DeNA―ブルペン捕手―セールスフォース・ドットコム)や、巨人にいた柴田章吾さん(巨人―ジャイアンツアカデミーコーチ―アクセンチュア―起業)のように、球団職員時代に着実に社会に出る力をつけて、自ら中途採用市場に応募して道を切り開いていく人もいます。彼らがまさに、元アスリートが社会に出ていく美しい事例だと思います。

奥村:彼らのように、外の世界からしっかりと情報収集する姿勢があれば、選択肢が広がる。何よりもまず、選択肢を多く持てるかどうかは、うまくいくための鍵になると思います。

野球界で得たものは社会で生きるか

高森:森さんは辞めたあと証券会社に10年お勤めになった。奥村さんはバイトと勉強を両立して9年で公認会計士になった。プロ野球で得たことは、社会に出てどのように役に立ちましたか? または、役に立たなかったことって?

奥村:社会に出て最初に思ったのは、能力も知識もゼロで「何の武器もないな」ということです。でも、受験勉強に打ち込んだときに気づいたのは、幼稚園のときから野球を始めてプロになるまでのプロセス、要するに、自分をコツコツ成長させていくプロセスはつねにやってたな、ということ。このマインドややり続ける能力っていうのは、ほかの人にはない特徴かもしれません。

次に、「人から見て盗む」という能力。野球やってたときも、「アイツうまいなぁ」と思ったらよく観察してまねしていました。それが、仕事を覚えるうえでも役に立っているかな。あとは、体調管理。体は強いし、コンディショニングを整えたり、集中力を高めたりといったマインドは根強く残っているから、この辺りはほかの人と違うと思います。

高森:確かに、栄養や睡眠、自分の体をピークの状態に持っていくということはひたすらやってきましたもんね。

:俺たちの時代はそんなものなかったなぁ(笑)。とにかく腹一杯飯食え! だけでした(笑)。

奥村:証券会社って、すごくハードなイメージですが、そこで10年続けるってどんな感覚だったんですか?

次ページ上下関係や人との付き合いは野球界で鍛えられていた
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT