30歳、プロ野球を3度クビになった男の波乱曲折

引退の中後悠平、横浜DeNAで始める次の人生

2019年11月に現役を引退した元プロ野球選手の中後悠平。2020年1月から横浜DeNAベイスターズの球団職員として新たな人生を歩み出す(写真:TBSテレビ)
華やかなプロ野球の世界。活躍した選手には名誉と莫大な報酬がもたらされる一方で、競争に敗れ、表舞台から去りゆく選手がいる。そんな「戦力外通告」を受けた選手をドキュメンタリーで描いてきたのが、TBSテレビの『プロ野球戦力外通告~クビを宣告された男たち』だ。
12月30日(月)夜10時からの放送回で通算16回目を迎えるこのシリーズ。プロ野球選手の姿は特別な存在ではなく、不況の中では誰の身にも起こりうる“究極のリアル”でもある。放送を控え、番組に関わるサイドストーリーを取材班が3回にわたってリポートする。
第1回は中後悠平(なかうしろ ゆうへい)。横浜DeNAベイスターズから戦力外通告を受け、今季限りでついに現役を退くことを決めた。番組に初めて出演してからはや5年。日米合わせて4球団を渡り歩いた、波瀾万丈の野球人生を語り明かしてくれた。

一人の社会人として新たなスタートを切る中後悠平

待ち合わせたのは横須賀中央駅。年末恒例となったこの取材も4回目となった。ただ今回はちょっと事情が違う。彼はもう、プロ野球選手ではない。一人の社会人として新たな人生を歩みだそうとしていた。

「お待たせしました! 実はさっきまでパソコン教室に行ってきたんですよ」

聞けばこの日が受講初日だという。今後の仕事のために自主的に通うことにした。

「もう基礎中の基礎からですよ。パソコンのボタンの名前とか、部品の名前とか。エクセルやワードやパワーポイントとか、聞いたことがあるだけで触ったことなかったですから。自分で決めたのに、今日のパソコン教室でさえ行くのが憂鬱だったんですよ(苦笑)。でも、百八十度違う人生を歩むんだから、パソコンくらい出来なきゃいけませんからね」

現役引退を発表してから約1カ月。改めてどんな心境なのだろうか。

現役引退後の心境を話した中後悠平。TBSテレビ『プロ野球戦力外通告 クビを宣告された男たち』は12月30日夜10時から放送(写真:TBSテレビ)

「まだモヤっとしていますよ。すっきりしたことはないし、後悔がないとかありえない。ずっと限界まで野球をやりたいと思っていたし、まだプロ野球選手でいられる話が目の前にあったら100パーセント飛びついてます。それが自分の力のなさで叶わなかったわけですから」

現役続行を望むのであれば、トライアウトを受けるという選択肢もあったはず。だが中後が今年受験しなかったのには訳があった。

「横浜のファームで最も多く投げさせてもらって防御率が良くて、ある程度いいところでずっと投げさせてもらっていたので、イースタン中心に見ている人は見てくれているはずなので、これでダメなら仕方ないって思って」

次ページ中後が二軍で残した特筆すべき成績
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT