プロ野球選手は「クビ」にどれだけ備えているか

現役時代から準備し、引退後に即動けるかがカギ

:現役でいかに未練を残さないかは重要ですよね。だから、現役時代にやり切ったと言える体験が必要。

高森:そういう意味で、「区切り」って必要ですよね。僕、引退試合なんてもちろんなかったですけど、石井琢朗さんが僕のために引退セレモニーやってくれたんです。自身のファンイベントで。僕、引退することに関して特別な感情なんて何もなかったのに、琢朗さんから花束もらったときに号泣しました。そこで、終われたって感じです。

2012年まで横浜DeNAベイスターズに在籍していた本記事の筆者である高森勇旗氏(撮影:梅谷秀司)

奥村:確かに、区切りはあったほうがいいですよね。一方的にクビって言われて、うやむやなまま引退していきますからね。俺の場合、藤川球児さん(阪神)や中谷仁さん(智弁和歌山高校監督)が食事会を開催してくれて、それが区切りのお別れ会でした。

高森:そういえば一度、プロゴルファーの人に言われたことがあります。「いいよな、プロ野球は。クビに”してもらえる”んだから。ゴルファーは、いつ辞めたらいいかわかんないよ」って。確かに、クビにしてもらえるという喜びもあるかもしれませんね。

奥村:あぁ〜、それは時々聞きますね。確かにそのとおりだと思います。区切りをつけるのは大切なことですね。

現在の心境

高森:水野さんは、まさにこれから社会に出ていくわけですが、今の心境は?

水野:本当に、不安半分、楽しさというか、頑張ろうという気持ち半分、という感じです。

奥村:不安って、具体的にどんな不安?

水野:やっぱりいちばんの不安は、金銭的な部分です。今までだったら、給料が振り込まれてくるじゃないですか。それが、12月を最後にいっさい振り込まれてこない。わかってはいますけど、実際にそうなると結構不安になりますね。

高森:あぁ〜、それは僕もすごく覚えてます。

水野:ので、一時はバイトもしてました。

高森奥村:バイト!? どんな!?

水野:いろんなマンションや家にチラシを入れたりとか……。

高森奥村:ポスティング!? そうなんですね!

水野:空いた時間を有効に使えたのと、社会勉強になると思って……。

高森:筒香(嘉智、横浜DeNA―レイズ)さんがポスティング(入札制度)してる裏で、水野さんもポスティングしてましたって、面白すぎますね!

一同:(大爆笑)

水野:やっぱり、プロ野球選手の金銭感覚ってちょっと違うと思いますし、そういう意味でも、一般的な感覚に自分の脳を慣らすという意味もありました。

奥村:それを、辞めてすぐ実践できるのがすごいですよね!

水野:なかなか大変でした。やはり、お金を稼ぐということの大変さを実感しました。

奥村:自分でそこまで考えられるなら、引退後のキャリア形成っていうのはすごくスムーズにいきますよね。こういう選手ばかりになれば、自然とプロ野球のセカンドキャリアの問題はなくなると思います。

次ページ相手が自分を知っていたら嫌だ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT