中後悠平、二度「戦力外」を受けた男の恩返し

理解者だった義父と突然の別れ、激動の1年

横浜DeNAベイスターズの中後悠平投手(写真:TBSテレビ提供)
華やかなプロ野球の世界。活躍した選手には名誉と莫大な報酬がもたらされる一方で、競争に敗れ、表舞台から去りゆく選手がいる。そんな「戦力外通告」を受けた選手をドキュメンタリーで描いてきたのが、TBSテレビの『プロ野球戦力外通告~クビを宣告された男達』だ。
12月30日(日)夜11時からの放送回で通算15回目を迎えるこのシリーズ。プロ野球選手の姿は特別な存在ではなく、不況の中では誰の身にも起こりうる“究極のリアル”でもある。放送を控え、番組に関わるサイドストーリーを取材班が3回にわたってリポートする。
第2回はアメリカ球界にわたった中後悠平(なかうしろ ゆうへい)投手が戦力外通告を経て、迎えた激動の2018年シーズンをお届けする。
今年の第1回はこちら→「松坂世代」37歳實松の何ともしぶとい戦い方


「練習場所があることは、本当にありがたいですよね」

神奈川県横須賀市にある横浜DeNAベイスターズの総合練習場で、二度の戦力外通告を乗り越えてきた男が、清々しい汗を流しながら自主トレーニングに励んでいた。その練習後、インタビューを受ける傍らには、3歳になった長男の笑顔がはじけている。

年末恒例となったこの取材も3回目。「今年も、なんとか、首の皮一枚つながりました」と中後悠平が苦笑する。2018年は、彼にとってこれまで以上に激動の1年となった。そしてそこには、プロ野球選手として闘い続ける中後と、今まで語られることのなかった家族との知られざるエピソードがあった。

中後に告げられた二度目の戦力外通告

2015年に千葉ロッテマリーンズから戦力外通告を受けた中後は、その翌年からダイヤモンドバックス傘下のマイナーリーグでプレーし、メジャー昇格に挑んできた。その姿は『プロ野球戦力外通告~クビを宣告された男達』(TBS系列)をはじめとして、さまざまなメディアで既報の通りだ。

しかしその挑戦は、2年半で突如幕を閉じることとなる。2018年6月17日、遠征先での試合を終えて荷物をまとめていた中後は、監督室に呼ばれた。そこで、プロ野球人生で二度目の戦力外を告げられることとなった。

「今年に限ったことではなく、覚悟はずっとしていましたよ。遅かれ早かれ、悪かったらクビを切られることは分かっていたので。一年一年の勝負の中で、今年は結果を残せていなかったので、そろそろあるかなと」

2Aからのスタートとなった今シーズン、中継ぎ投手として24試合に登板し、1勝1敗で防御率は5.29。決して良いとは言えない成績だった。日本とは違って、シーズン中に選手を解雇するのはアメリカでは日常茶飯事だ。

生存競争の激しいマイナーリーグにあって、結果を示せていなかった中後は、シーズン途中での解雇は頭の片隅に常にあった。かくして、中後のメジャー昇格への夢は終わりを告げることになった。

次ページ遠征先の帰路で妻から悲痛な連絡
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • グローバルアイ
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
不動産バブル崩壊前夜<br>あなたの街は大丈夫?

日増しに強まる「不動産価格は高すぎる」の声。融資姿勢の厳格化など、バブルは崩壊前夜の様相を呈している。投資市場と居住用実需の現場に迫るほか、首都圏主要駅別に2025年の地価を予測、下落率を一覧にした。