中後悠平、二度「戦力外」を受けた男の恩返し

理解者だった義父と突然の別れ、激動の1年

「アメリカにおる時も、義父は慣れないインターネットを使って、その日の試合で僕が投げたかどうか、抑えたかどうか、いつも戦績を調べていたらしいです。僕には連絡してこないんですけどね。でも、陰で応援してくれていて。最近は僕がずっと打たれていたんで、抑えた時は『今日はうまい酒が飲める』と喜んでくれていたみたいです」

人生で二度目の戦力外通告により、野球で恩返しをするという願いは叶わなくなったかに見えた。そんな矢先、思わぬオファーが中後のもとに飛び込んできた。左のリリーフピッチャーの補強を考えていた横浜DeNAベイスターズが、中後に興味を示したのだ。

時折、笑顔を見せた中後悠平。『プロ野球戦力外通告~クビを宣告された男達』(TBS系)は12月30日(日)夜11時から放送です(写真:TBSテレビ提供)

アメリカでの戦力外通告からわずか11日後、横須賀にあるベイスターズの総合練習場で、シーズン途中での異例の入団テストが行われた。野球人生をかけたマウンドに、中後は立っていた。

ベイスターズの一員として新たなスタートを迎えた中後

持ち味のキレの良いストレートとスライダーを中心に、中後は好投を見せた。終わってみれば、打者7人に対して三振2つ、ヒット性のあたり一本に抑えていた。

そして、今年7月4日にベイスターズは中後の獲得を発表した。横浜DeNAベイスターズの投手として、中後は新たな人生のスタートラインに立ったのだ。球団は家族全員が住む神奈川県が本拠地。そして何より、義父はベイスターズの大ファンだった。

戦力外通告を受けて帰国して以降、中後は入団テストやトレーニングの合間を縫って、毎日のように義父を見舞っていた。会うたびに、義父の病状が進行していることにも気がついていた。

「ほぼ毎日病院に行ってたんですけど、会うたびに体も痩せていって、声も出ないようになって。最後はロクに声もかけられずに、何も言えず……悲しいですよね」

それでもなお中後は、ベイスターズのマウンドで投げる勇姿を、義父に見せる日が来ることを願わずにはいられなかった。メジャーでその姿を見せることはできなかったが、今度こそ結果で恩を返したい、自分が励ます番だ、そんな強い思いを胸に秘めていた。

だが無情にも、そんな中後の願いも叶うことはなかった。実の父親のように慕っていた義父が、この世を去ったのだ。癌の宣告を受けてから、わずか1カ月程度の出来事。やりきれない思いが口をついた。

「ホンマに、恩返しの『お』の字すら返せてないですよね。実の親以上に世話をしてくれて、ホンマに……何も言えないっていうか。ホンマに何もできなかったですよね……」

次ページ義父が亡くなった日と練習日が重なっていた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。