ラオックス、あまりに痛い新型コロナの直撃

中国人観光客の急減で免税店のリストラ断行

多角化戦略は売上高で見る限り一定の成果が出ている。免税店ラオックスが中心のインバウンド事業は全体の売上高の約30%、中国での越境ECのグローバル事業が約15%、シャディと婦人靴の生活ファッション事業が約50となった。

ただし、越境ECのグローバル事業はまだ利益を生んでおらず、生活ファッション事業と商業施設運営や飲食のエンターテインメント事業は赤字。2019年12月期の実績を見る限り、現状は免税店のラオックスしか柱がない状況だ。

今期の業績見通しは示せない状況

複数の収益柱を育てる前に、大黒柱のラオックスが新型コロナ問題で大打撃を受けた。婦人靴や飲食も客数が減っている。「新型コロナウイルスによる影響で経営環境が急変している」という理由から、2020年12月期の業績見通しの公表を見送っている。

新型コロナの問題が浮上する前、2020年12月期に黒字転換する可能性も見いだしていた。

2019年12月にラオックス店舗でも不振の7店を閉鎖。赤字だった商業施設も優良テナントが年末に入居したことなどで採算改善にメドを付けた。婦人靴の店舗でも大幅リストラを計画していた。新型コロナ問題でそうした黒字化シナリオが完全に狂ってしまった。

コロナショックに直面した企業の最新動向を東洋経済記者がリポート。上の画像をクリックすると特集一覧にジャンプします

幸い2019年12月に親会社への増資で84億円を調達しており、資金繰りにはまだ余裕がある。前述のラオックスでの人員削減のほか、シャディでも20人の希望退職を募集、婦人靴事業でも2020年度中に約40の閉鎖(全店舗は140)を計画する。昨年末の店舗リストラも含めて、固定費を20億円以上引き下げてしのぐ覚悟だ。

それでも、利益面で免税店ラオックスの依存から脱却できていないだけに、新型コロナ問題が長引けば、一段のリストラを迫られそうだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT