ラオックス、あまりに痛い新型コロナの直撃

中国人観光客の急減で免税店のリストラ断行

休業中の新宿本店。時計や化粧品、家電製品、理美容品、薬品など幅広い商品を扱っていた(記者撮影)

「一時休業のおしらせ」――。新宿3丁目の交差点にあるラオックス新宿本店。少し奥まった入り口のガラス扉には、3月1日からの一時休業を知らせる1枚の紙が貼られていた。

しばらく様子を見ていたが、休業を知らずに訪れる客はいなかった。新宿本店がオープンしたのは2015年6月。ビルの5階から8階(総面積635坪)に商品をそろえ、「日本の『美』をコンセプトにした店舗づくり」をアピールしていた。

中国人観光客をターゲットに「ラオックス」の免税店を展開するラオックスは、2月後半から3月前半にかけて次々と店舗の閉鎖・休業を実施している。閉鎖は大阪日本橋店など6、休業は新宿本店など3(図参照)。これで2020年初に32あった国内店舗のうち、約3割が営業を停止したことになる。

店舗リストラの引き金をひいたのは新型コロナウイルス問題だ。1月27日に中国政府は国内外への団体ツアーを禁止。その影響だけでなく、個人の中国人旅行客も激減している。

免税店事業の足元の売上高は非開示だが、「事業の多角化で全体の売上高に占める免税店舗(ラオックス)の比率は数年前の”爆買い”時期からは下がっている。ただ、免税店舗の顧客の約90%は中華系ということから推し量ってほしい」(コーポレート統括本部の阿部洋介・副本部長)。

パート・アルバイト全員を雇い止め

営業を続けていても、5階から7階を閉鎖した秋葉原本店のように減床を実施した店もある。3月4日の午前、秋葉原本店の1階から4階を見て回ったが、記者のほかに客は1人だけで、手持ち無沙汰の店員ばかりが目立った。

ここ数日はマスクが入荷されるようになったため、それ目当ての客は一定程度いるという。だが、「うちはインバウンドなので、新型コロナ(の問題)が出てから厳しいです」と店員はあきらめまじりにそう口にした。

この店員の表情が晴れないのも無理はない。ラオックスは2月14日、免税店での販売職140人の希望退職を募ると発表。これとは別にラオックス店舗のパート・アルバイト全員、約300人に対し、現在の4月9日までの契約を更新しないことを通告している(対象者は休業補償を受けながら自宅待機)。

次ページかつて大攻勢に出たが…
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。