逆境の中国ファーウェイ、打倒グーグルの策略

アメリカの制裁を受けつつ独自アプリを発表

そこでファーウェイは、海外で人気の高いアプリ企業と直接協力しようと試みている。たとえばオランダの地図会社TomTomと協力し、同社の地図アプリをファーウェイのスマホに組み込もうとしているのだ。

ただ、西ヨーロッパでは、若いスマホユーザーの多くがグーグルマップを利用している。「いくら安価でスペックが優れていたとしても、利便性を犠牲にしてまで購入するユーザーは少ないだろう」(賈沫氏)。

最終目標は”自社チップ+自社OS”

一方、賈沫氏は「たとえばラテンアメリカや中東、東南アジア、インドなどではGMSへの依存度が西ヨーロッパほど高くない。ロシアやトルコでも現地のアプリが使われている」と指摘する。

2月14日、トルコの通信事業者Turkcellは、HMSを搭載したファーウェイのスマホを100万台販売し、30種類のアプリをHMSに移行することでファーウェイと合意した。3月には、「V30 Pro」がロシアで初めて発売される。

余氏は年初の挨拶で、「数年で海外での業績を徐々に回復させ、短期的な利益を追い求めず、最終的に”自社開発のチップ+Harmony OS”という新しいシステムを作りたい」と表明した。

同氏は、ファーウェイは長距離ランナーだと語る。

「人々は3年や5年、あるいはさらに長く戦略を続けることで生まれる驚くべき威力を過小評価しがちだ」。

(財新記者:張而弛)※原文は2月25日公開

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT