中国不動産王の最期、許家印の「成り上がり」人生 「恒大帝国」の皇帝はなぜ破滅へ向かったのか?

✎ 1〜 ✎ 39 ✎ 40 ✎ 41 ✎ 42
拡大
縮小
中国で最も裕福な人物となり、チャイニーズドリームを体現した恒大集団の許家印会長。他方、その傲慢で見えっ張りな態度は近しい関係者によく知られていた(写真:ロイター/アフロ)
2年間の累積損失は約16兆円。中国の不動産バブルが崩壊の瀬戸際にある中、深刻な経営危機に陥っているのが不動産大手の恒大集団(エバーグランデ)だ。9月28日夜、創業者の許家印会長が、違法行為の疑いで中国当局の「強制措置」の対象となったことが発表され、世界中に衝撃が走った。
河南省の貧村出身の許家印は、どのように「恒大帝国」を築き上げ、中国一の富豪にのし上がったのか。そして、その金満経営はどこで破滅へと向かい始めたのか。中国の調査報道メディア「財新」が不動産王の知られざる生涯を明かす。


 2023年7月4日、許家印は恒大サッカークラブの経営会議を開き、「今年はランクをキープ、来年は昇格」という目標を打ち出した。

恒大クラブは「金元サッカー(莫大な資金力で優秀なサッカー選手を集めるサッカークラブ)」の代表格であり、アジアで最も権威のある「AFCチャンピオンズリーグ」で過去2度優勝している。

しかし、不動産業界の低迷と恒大の不祥事露呈により同クラブは多くの選手を失い、現在は若手選手が中心となっている。そのため、許家印が掲げた目標はとても信じられない話に聞こえる。

高圧的な態度と傲慢な口調が特徴

この時点で、恒大の海外債務再編計画はまだ債権者との交渉段階にあった。実際、その2週間後の7月17日夜、同社は2021~2022年度の決算報告書を同時に発表している。

2021年の危機以降、恒大の債務超過の規模は拡大し続け、過去2年間の同社の累積純損失は8120.3億元(約16兆円)に達した。恒大がサッカークラブに投資する資金はもうないはずだ。

「会長は何も変わっていないよ」。当時、恒大の社員は、許家印のメッセージについてそうコメントした。許家印の話し方は、社内外を問わず、高圧的な態度と傲慢な口調が特徴で、謙虚さや慎重さはまったく見られない。

しかし、彼が人々を驚かせるような発言をする機会はもう二度とないだろう。恒大は9月28日夜、許家印が違法行為の疑いで法律に基づき強制措置の対象となったことを発表した。ついに彼の時代が終わったのだ。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT