「ゼロコロナ」徹底の中国でオミクロン爆発の実態 武漢以来の最高記録、クビが飛んだ官僚が続出

印刷
A
A
中国東北部の吉林省では新型コロナウイルスの感染拡大が深刻な状況だ(写真:新華社)
春に入り、中国では2年前に武漢で新型コロナウイルスの感染が確認されて以来、最大規模で感染が拡大。中国本土では3月1日から21日までで、計4万人近くの感染者が報告された(海外からの帰国者除く)。
上海や深圳といった大都市から、地方都市に至るまで、オミクロン変異株の感染が拡大し、各地で「ロックダウン」が実施された。中国政府が推し進める「ゼロコロナ政策」は最大の難関を迎えている。
感染拡大の「嵐の中心」と称される東北部・吉林省の状況を中国の調査報道メディア「財新」が徹底取材した。

春先でも摂氏4度と肌寒さが残る、中国東北部の吉林省吉林市。新型コロナウイルスの無症状感染者である大学生の劉佳は、防護服を身にまとい、その上からかばんを背負って座っていた。

病院の廊下では、ときおり咳払いの音が響き渡る。3月11日、PCR検査で陽性と診断された吉林農業科技学院のほかの学生とともに、劉は学校の図書館から吉林医薬学院附属465病院に搬送された。

劉は看護師から渡された採血管をポケットに入れて、昼も夜も待ったが、誰も精密検査をしてくれなかった。劉の周りにいた女性数人は、家族に動画を送り、声を詰まらせながら泣いていた。

3月6日、劉の斜め向かいの寮の学生が陽性と診断された。劉は準濃厚接触者として大学構内にある図書館の4階で隔離され、ほかの17人の接触者とともに、机の上で寝泊まりすることとなった。

「寮全体がとても混乱していました。私たちは陽性と診断された学生をまったく知りませんでしたが、2日後に私自身も陽性になっていました」。その日、吉林農業科技学院は最初の症例を報告し、学校全体が封鎖された。

封鎖措置を取っても追いつかない

(吉林市から)100キロメートル離れた吉林省長春市では、九台十二中学校に通う賀小煒(フゥー・シャオウェイ)のもとに、3月5日の晩に学校から通知が届いた。「授業を直ちに中止し、(校内にいる)全員に対して帰宅を求める」という内容だ。

そのとき、賀は身の危険を感じていなかった。中学校では4日と5日に、全員に対して2回PCR検査を行い、何も異常がなかったからだ。しかし8日の午前中、頭痛が始まり、37.6度まで熱が上がった。9日に賀には陽性の診断が出され、その後ほかの6人のクラスメイトも陽性と診断された。

多くの学校における感染拡大は、今回の中国本土での感染拡大の「縮図」とも言える。(学校から)最初の症例の報告があったときには、集団感染がすでに発生し、感染経路は錯綜して複雑化している。すぐに封鎖措置を取ったとしても、数日中に感染者が指数関数的に増加することを阻止するのは難しい。

次ページ「ゼロコロナ」戦略は最大の難関にぶつかる
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT