逆境の中国ファーウェイ、打倒グーグルの策略

アメリカの制裁を受けつつ独自アプリを発表

「10年来、ファーウェイはグーグルという偉大な企業と密接に協力し、世界中の消費者に最高の製品体験を届け、アンドロイドシステムの進化を推し進めてきた。我々は今も全面的にアンドロイドを支持しており、グーグルとの長期的な戦略パートナーである」。ファーウェイ消費者事業部門CEOの余氏はそう語る。

「ファーウェイがHMSとアプリストアを発表したのは、業界に“別の選択肢を提供する”ためだ」

フラッグシップモデルの欧州販売を断念

2019年5月、アメリカはファーウェイへの輸出規制に正式に乗り出し、ファーウェイは新しいスマホについてグーグルと協力することができなくなった。GMSが使用禁止になったことで通信事業者は仕入れを控え、消費者も購入をためらうようになるなど、ファーウェイの海外でのスマホ販売に莫大な影響を与えた。

結果として、同社は2019年のフラッグシップモデルである「Mate 30」の欧州市場での販売を基本的に断念。同年8月には、デベロッパーズカンファレンスでHarmony OSを発表し、グーグルのアンドロイドに取って代わる姿勢を明らかにした。

HMSは単なるOSではない。HMSにはファーウェイ独自のアプリストア、ウォレット、音声アシスタント、音楽再生アプリ、クラウド、さらにはアカウント、決済、通知、マップなどの基本的なサービスが含まれる。GMSのYouTubeやグーグルマップなどに相当するものだ。

GMSが使えなくなったとしても、中国大陸では各スマホメーカーが自社のサービスを持っているため、影響はそれほど大きくない。だが海外では、GMSがないと多くのアプリで通知や決済、GPSなどの機能が使えなくなり、正常な動作ができなくなってしまうのだ。

平安証券のレポートによると、「グーグルはアンドロイドOSにGMSを組み込むことで、グローバル市場でのGMSへの依存度を高め、広告収入を得ている」。同レポートでは、ファーウェイがグーグルに取って代わる2つの方法が示されている。1つはHarmony OSを推し出し、アンドロイドOSに取って代わること。もう1つはアンドロイドを使用しつつ、HMSでGMSに取って代わることだ。

「1つ目の方法は難易度が高い。Harmony OSはまだ初期段階にあり、短期間でアンドロイドを代替できる可能性は低い。だが、2つ目の方法は実現可能性が比較的高い」という。

次ページグーグルの見解とは
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT