住宅購入時に見落としがち「離婚」の深刻リスク

年間20万組超が離婚、決して他人事ではない

住宅ローン返済中に離婚した場合のリスクとは?(写真:ilixe48/PIXTA)

人生は山あり谷あり。長い住宅ローン返済中はさまざまなリスクと隣り合わせですが、中でも深刻だと思うのは「離婚」です。

この連載の一覧はこちら

共働き夫婦の増加に伴い、2人で力を合わせて収入合算(連帯保証・連帯債務)やペアローンの形で住宅ローンを借りるケースも増えていますが、これが大きなトラブルになる可能性も。

今や3組に1組が離婚するといわれ、2000年以降の離婚件数は20万組超で、決して他人事ではありません。

連帯保証の詳細は「本当は恐ろしい『収入合算』の住宅ローンの実態」、連帯債務の詳細は「『収入合算』で家を買うときの見落としポイント」を参考にして下さい。

今回は、離婚と住宅ローンについて掘り下げます。

最善は「売却」

離婚することになり、購入した家をどうするのか考えたとき、いちばんすっきりするのは家を売って整理してしまう方法です。

とはいえ、この方法を選べるご家庭は実際にはごくわずか。買ったときよりも高く売れるとは限らないからです。加えて、以前は頭金を2割用意する必要があったため住宅ローンで借りる額は低額に抑えられていましたが、現在はフルローンも可能となったことから大きなローン残債を抱えているケースが多いことも背景にあります。

次ページ住むところを失ったうえに債務が残る…
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 最新の週刊東洋経済
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。